image  
TOP  
image
<<  2017年10月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
管理画面はこちら
第二回 新潟県奥胎内 (7月5日)
 ツアーの合間ができると、やはり出かけてしまう。ひと時もじっとしていられない性分のようだ。今回は新潟県の奥胎内に出かけた。アカショウビンが見られる場所として、以前ツアーを行っていたが、雪深い土地のため、夏、道路の開通がいつになるか、毎年雪の状況で変わるためツアーを断念した経緯がる。今年は奥にあるヒュッテの開業が6月16日だった。
 さて、アカショウビンはもちろん出会いたい鳥の一つであったが、残念ながら声だけの確認で終わってしまった。夜はヒュッテの対岸でコノハズクが鳴き、明け方にはヨタカの声も聞くことができた。この2種類の声を聞くことも今回の目的であった。しかし小鳥類の姿が少ない。早朝、どのくらいの鳥が鳴くのだろうと楽しみにしていたのだがキビタキとオオルリは所々で鳴いていたが、遠くにサンショウクイ、一度だけホトトギスが鳴いたのを聞いただけ。その他は?と聞かれても、あと何がいたかな!と頭をかしげるばかりだ。アッ、そうそう、ヤブサメが見やすい場所で鳴いていた。これはラッキーだった。
 鳥が今一つの時は花や昆虫に目を向けてみる。ヒュッテへ向かう林道はオカトラノオが盛りを迎えていた。その花にはアサマイチモンジやミドリヒョウモンが集まり、サカハチチョウもいた。サカハチチョウは、外来種のイタチハギの花にもたくさんいた。その他モンキチョウやコチャバネセセリ、キバネセセリなど。きれいだったのはジョウザンミドリシジミ。翅を開いて止まった時の瑠璃色が目にまぶしかった。野鳥の繁殖もそろそろ終わり、これから8月、9月にかけてはチョウやトンボなど昆虫が楽しくなるが、専門ではないので写真を撮った後、名前を調べるのが一苦労だ。
 奥胎内に行く前に福島潟に寄ってみた。オオヨシキリ、コヨシキリが盛んにさえずり、コムクドリが既に若いグループを作っていた。前日の4日は新潟で大雨が降っていたため、川が少し氾濫していたようだ。コイが道路脇に打ち上げられたくさん死んでいた。潟の中の棒杭にはミサゴが止まっていた。ここにたくさんコイが死んでいるぞ、食べ放題だぞ!と声をかけたが、もちろん通じるわけもなく、潟に飛び込みコイを捕えていた。死んだ魚より、生きの良い魚がお好みのようだ。カンムリカイツブリがヒナを連れていたが、奥胎内の帰りに瓢湖にも寄ってみたのだが、ここでもカンムリカイツブリがヒナを連れていた。カンムリカイツブリの数が増えているように感じていたが、繁殖地をどんどん拡大しているようだ。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
仝呂貉泙忙澆泙辰討気┐困襯オルリ
△いそ亶腓できたヤブサメ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
オカトラノオの蜜を吸いに来たアサマイチモンジ
ぅぅ織船魯の花の蜜を吸うサカハチチョウ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
タЯやかなジョウザンミドリシジミ
Δ泙世泙生亀ぅオヨシキリ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Д灰い鯤瓩┐織潺汽
┘ンムリカイツブリの親子
日記 | No.458 中野泰敬 2017/07/19(Wed) 10:25:03


Next > 第三回 夏の宮古島  (7月15日)
Back < 第一回 自然見聞録 (5月22日)

バードウォッチングならワイバード