image  
TOP  
image
<<  2017年12月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31------
管理画面はこちら
第七回 日本海に浮かぶ島粟島 (10月10日)
 新潟県村上市からフェリーで1時間40分、粟島へ着く。石川県の舳倉島や山形県の飛島と同様、渡り鳥が通過していく島ということで有名だが、島の大きさが両島より大きく、また島のほとんどが山林のため入れない場所も多く探鳥しづらいという理由もあるだろうか、バーダーの数は少ない。そんな粟島へ10月の3連休訪れてみた。
 お昼過ぎに島へ着き、さっそく探鳥開始。夜から朝にかけ雨が降っていたらしく、所々に水溜りができている。雨降りの後は鳥たちが羽を休めている。期待を持って鳥を探したがほとんどいない。声すらない。海岸沿いの草地でようやくノビタキ1羽が目に止まった。夕ご飯まで、まだまだ時間はある。ひたすら歩くと今度は‘チッ’と鳴きながら上空を飛び回るホオジロ系の鳥が。双眼鏡を当てても何が何だか。双眼鏡からカメラに持ち替えパシャ。写真判定に持ち込むとシラガホオジロと判明。記録として残るが見た気にならず、地上に降りていないか探すと再び‘チッ’先ほど飛び回っていた‘チッ’と少し違う。どこだどこだ!双眼鏡で必死に探し、ようやく捕えた鳥はコホオアカであった。更に‘チッ’、あっちでも‘チッ’。しかし皆、草地の中にもぐりこんでいるため姿が見つからない。秋の探鳥の難しいところだ。そろそろ宿へ戻ろうかと思った瞬間、電線に止まっているツツドリを発見。少しずつ近づくが逃げる気配がない。どうやらお疲れのようだ。皆でしっかり確認し初日は終わった。
 2日目。昨日1羽しか目に止まらなかったノビタキの数が増えていたが相変わらず鳥影が少ない。あまり成果がないままお昼ご飯に突入。午後に期待し山の方へ。すると数羽の小鳥飛び交っていた。コサメビタキである。周りを見渡すとあっちでも飛び交い、6羽以上はいただろうか。少し脇道に入ると、今度はサメビタキが。こちらも6羽以上。一緒に渡って来たのだろうか。コサメ、サメときたら、もう1種類。いたいた!エゾビタキ。こちらは1羽しか確認できなかったが、サメビタキ3兄弟をゲット。2日目の締めくくりとしては上出来であった。
 そして最終日。この3日間で最も天気がよく、朝から小鳥たちが動いている。山の稜線を双眼鏡で見てみると、小鳥の群れが次々と西へ渡っている。相当な数の鳥が島に入っていたことを思い知らされた瞬間であった。しかし何の種類かわからない。飛んでいる鳥より止まっているを探そうと周りを見渡すと、電線にホシムクドリが。早朝は1羽だったが、午後には2羽になりじっくり観察。畑を歩いていると参加者の一人が‘何か飛んで来た。望遠鏡貸して!’と、畑向こうの杉の横枝に望遠鏡をあわすと、そこにはムギマキの姿が。‘よく見つけたね’と皆の顔がほころぶ。しばらくすると今度は黄色い物体が目に飛び込んできた。コウライウグイス!と叫んだが、すぐさま竹藪の中に隠れて行った。見たことは見たが、本当にチラッ。また出てくるかもしれないと、しばらく待ったが残念ながら。朝食後は、昨日見たサメビタキの場所へ行くと。相変わらずあちらこちらでホバリングをして虫を取っている姿があり、時折オオルリが来たり、ムギマキが来たり。同じような仲間は集まってくるものである。
 今回、数としてはあまり多くなかったが、徐々に渡りの島らしくなり、珍鳥も数種類確認できた。島は訪れて見なければわからず、当たるも八卦当たらぬも八卦、博打のようである。しかし当たった時には強く印象に残り、毎年のように出かけてしまうのだろう。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
‥点で羽を休めるツツドリ
▲船辰寮爾如△茲Δ笋見つけたコホオアカ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
数は編づ尾があったものの、毎日目にしたノビタキ
ぅ▲肇蠅侶欧譟これからどんどん渡ってくるだろう
クリックにて拡大 クリックにて拡大
トがあればどこにでもいたヒメアカタテハ
Δ犬辰り観察できたサメビタキ。よく鳴いていたな!
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Д汽瓮咼織と同じ場所に現れたムギマキ
┥学校の校庭で餌を取るホシムクドリ


日記 | No.463 中野泰敬 2017/10/13(Fri) 09:44:38


Next > 第八回 台風の後で (10月24日)
Back < 第六回 白樺峠 (9月25日)

バードウォッチングならワイバード