image  
TOP  
image
<<  2018年09月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------
管理画面はこちら
第十三回 冬の台湾 (2月1日)
 シマエナガのツアーに引き続き、冬の台湾で野鳥を見ようという初企画が行われた。この時期が最も見やすい野鳥がいるのである。私は今まで何十回と台湾を訪れているが、しっかり見ていない鳥、未だ巡り合えてない鳥も数多く、その一部の鳥が今回の目的である。
 さて、台湾の山々には寒緋桜が咲き乱れ、濃い朱色が山を彩っていた。かと思えば、赤や茶色の木の実もたくさん残り、冬と春が同居している。それがこの時期の台湾の山での印象だった。しかし、この桜と木の実がたくさんの野鳥を呼び、我々が目的とする野鳥を呼んでくれる。桜には台湾固有種のカンムリチメドリが多数訪れる。メジロのように忙しく動き回り蜜を吸う。その数は数十羽で、行く先々の桜に群がっていた。いったい台湾には何羽のカンムリチメドリがいるのだろうかと思うほどの数である。人に警戒すらわけでもなく、目の前でこの鳥が見られるのはこの時期だからこそかもしれない。カンムリチメドリに混じり、これまた台湾固有種のタイワンシジュウカラがやって来た。これこそが、我々が求める野鳥の一つだ。春や夏、この鳥を数回見たことがあるが、いつも樹の上部でちょこまかと動き、はっきり見た!とは言えないでいた。ところが桜の蜜を吸いに来たタイワンシジュウカラは目の前まで現れ、しかもカンムリチメドリのような忙しい動きではない。喉から腹にかけての鮮やかな黄色、黒い冠羽、愛らしい瞳をしっかり確認。やっと見た!そんな喜びが込み上げた。カンムリチメドリの群れは他の鳥を呼び寄せる。タイワンシジュカラの他に、オスが赤色、メスが黄色という色鮮やかなベニサンショウクイやミミジロチメドリという鳥も姿を見せていた。
 山中で目立つ木の実はイイギリ。このイイギリの赤い実を食べにやって来る野鳥の一つタイワンツグミ。この鳥は通年台湾に棲んでいるにもかかわらず、この時期でないと見られないという。確かに私も未だ出合ったことがない。初日、二日目とイイギリの前で待つが一向に姿を現さない。結局今回はフラれる格好になってしまったのは残念であったが、ギシキドリやルリチョウ、ミミジロチメドリといった台湾固有種がひっきりなしにやって来た。最も目についたのは、日本でも記録があるチャバラオオルリ。春にはさえずっている姿が見られるが、確実に見られるわけではない。それが群れをなして木の実にやってくるのだから驚きだ。木の実をついばみ、お腹がいっぱいになると林に隠れ一休み。しばらく時間が経つと、また木の実にやって来てついばみ一休み。そんな行動を一日繰り返していた。
 実は今回のツアー天気に恵まれず雨降りが多かった。山では霧が立ちこみ10m先も見えないこともあった。所々で霧が晴れ、そんな間隙をぬって鳥を見ていた。台湾に着いて、最初の桜の場所でも霧が深く鳥の姿をしっかり見ることができなかった。そのうち雨が強くなり東屋で雨宿り。ネットで確認するとツアー中の天候がほとんど変わらない。少々暗い気持ちになったが、そんな暗い気持ちを解消してくれたのがサンケイだった。山に棲むキジの仲間で、とても美しい鳥だ。この場所で見られるとは思いもしていなかったで感動もひとしおだった。この鳥も台湾固有種。台湾には魅力的な鳥がたくさんいるのだ。この出合いがきっかけとなり、その後タイワンシジュウカラやベニサンショウクイ、ルリチョウ、シマドリなど良い出合ができたようだ。サンケイさまさまである。
 目的の一つタイワンツグミと出合うことはできなかったが、十分楽しめるツアーになると確信した。あとは天候次第。来年はタイワンツグミにも出合えるよう祈りつつ、来年は更に良いツーになるよう頑張っていこう。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
‖耋僂了鈎罎忘蕕寒緋桜
寒緋桜の蜜を吸いに来たカンムリチメドリ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
やっとしっかり出合えたタイワンシジュウカラ
ぅンムリチメドリに誘われてベニサンショウクイもやって来た
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ゥぅぅリの実を食べるミミジロチメドリ
Ε船礇丱薀オルリはホバリングをしてイイギリの実をパクリ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Ы匹良瀉脇發帽腓辰神屬ぜ臓2燭亮造世蹐Αゴシキドリが数羽訪れていた
┣罅垢琉鼎させちを晴らしてくれたサンケイ

日記 | No.469 中野泰敬 2018/02/19(Mon) 09:36:29


Next > 第十四回 春本番 (3月15日)
Back < 第十二回 白い妖精シマエナガ (1月27日)

バードウォッチングならワイバード