image  
TOP  
image
<<  2019年10月  >>
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
管理画面はこちら
三十七回 春の渡りの始まり(3月25日)
 3月下旬、恒例の与那国島ツアーが行われた。先ずは石垣島で現地のガイドである本若さんと合流する。早速、この冬の野鳥状況がどうだったのか尋ねてみた。応えは‘少なかった!’と、本州と変わらない状況だったようで、1月から2月にかけては北海道のツアーが多かったが、これで日本全国冬鳥が少なかったことになる。本当にこの冬はどうしてしまったのでしょう。今後も心配になってしまう。
 さて、シギやチドリがいない、小鳥も少ない、そんな状況の中で石垣島を回り、狙いはカンムリワシとムラサキサギに絞りバスを進めたが、当日はあいにく風が強くカンムリワシにを探すには条件が悪い。何とか風が当たらない場所を探しながらカンムリワシを求めた。ようやく幼鳥が見つかり、先ずはホッとする。しばらく走ると成鳥もいたのだが、さっさと逃げられてしまった。次はムラサキサギ。バスを走らせていると、後ろの席から‘いたいた!’との大きな声。たくさんの目があるツアーの長所が出た感じだ。樹の上で佇みムラサキサギ。窓を開け、交代交代で写真を撮る。翌早朝にはツメナガセキレイも見ることができ、何とか石垣島での探鳥が終わり与那国島へ移動した。
 与那国島へ来られる方はヤツガシラを求めに来ている方が多い。しかし与那国島へ降りたち、さっそくバスを走らせるも、鳥が少ない状況は変わらない。とにかく毎年のように鳥たちが羽を休めるポイントを巡るしかない。あー、ここにもいない!と思った瞬間、何かが動いた。ヤツガシラである。鳥が少ないならとバスを降り、時間をかけ観察・撮影。1時間くらい見ていただろうか。皆満足気にバスに乗車し、バスを走らせた。しばらくすると、与那国島に来ていた知人からオオチドリがいると連絡が入り、バスの中が再び騒がしくなる。現場に到着すると、直ぐにオオチドリがいるのが分かった。オオチドリはヤツガシラとは違い、バスから降りてしまえばさっさと飛んで逃げてしまうかもしれない。バスでそっと近づきエンジンを切ってもらい、バスの窓を開け観察する。静かにしているとオオチドリの方から近づいてくる。今年は、例年羽を休めている場所とは違っていたのが幸いした。今までで一番近くで見られたような気がする。与那国に渡った日は風が強く、飛行機が条件付きでの出発になるほどだった。この風に乗って、明日はたくさん渡り鳥が入って来ないだろうか、そんな祈りに近い感情を抱きながら初日の探鳥を終えた。
 二日目、さあ、たくさん渡って来ているだろうか、期待を込めて出発する。それほどでもなかったが、シロハラの数が増え、渡って来たばかりのようなタヒバリ、昨日は見られなかったノビタキの姿があり、多少の変化が見られた。昨日は鳥の姿がほとんどなかった田んぼにはセイタカシギの群れ、タカブシギ、コアオアシシギなどがいた。それらを見ながら歩いていると、突然水が張っていない田んぼから鳥が飛びだした。ツバメチドリである。皆さんに‘ツバメチドリですよ’と伝え見ていると、オオチドリがちょこちょこと。昨日のとは違うオオチドリのようだ。どうやらツバメチドリも、このオオチドリも今日到着したようであった。そして最後には、いつものように遠目からしか見させてくれないオオノスリも見られ、ヤツガシラも結局何個体か見られることができ、与那国島の雰囲気を味わうことができた。種類数、個体数とも少ない2019年の春であったが、夜の散策ではアオバズク、リュウキュウコノハズクも見られ、皆さんと楽しく4日間を過ごすことができた。
 家に戻るとツバメが町中を飛んでいた。例年より遅い渡来であったが、もうすぐ夏鳥が続々と渡ってくることだろう。この冬のように、夏鳥も少ないね。そうならないことを願うだけである。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
_爾鮓き獲物を探す幼鳥のカンムリワシ。
⊆上で佇むムラサキサギ。皆で代わる代わる撮影。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
3Г興奮。与那国島と言えば、やはりヤツガシラのようだ。
ずまでで最も近い距離でオオチドリを見る。知人に感謝である。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
イ犬腓犬腓鉾しい夏羽へと衣替えするダイサギたち。
Ε織殴蠅呂垢辰り夏羽へ。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
渡って来たばかりなのか、びっくりして飛んだ後は動かずじっとするツバメチドリ。
┘淵ぅ肇Εッチングでアオバズクを見る。
日記 | No.494 中野泰敬 2019/04/03(Wed) 10:43:11


Next > 第三十八回 春の奄美大島(4月9日)
Back < 第三十六回 二度目のコスタリカ (3月9日)

バードウォッチングならワイバード