image  
TOP  
image
<<  2020年08月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----
管理画面はこちら
第五十三回 秋、恒例の2つのツアー(トキ編) (10月28日)
 毎年、秋に行われる2つのツアー。それは佐渡島でトキを見るツアーと、宮城県伊豆沼・蕪栗沼でガンを見るツアーである。
 トキのツアーは10月下旬に行われた。10月下旬は稲刈りが終わり、田んぼで餌を取るトキが見やすい時期に当たる。更に非繁殖期のため、トキ色が実に美しい。今回も9時過ぎのフェリーの乗り新潟港から、佐渡の両津港へと向かう。佐渡に着き、先ずはトキの森公園へ行き、トキについての知識を深めていく。そしていざ田んぼへ、トキを探しに向かいうと、あっけなくトキが見つかる。現在トキは500羽近くが野生で暮している。直ぐに見つかるのも当たり前かもしれない。1羽で行動するトキ、数十羽の群れで行動しているトキなど様々。田んぼで餌を取るトキを観察し、別の場所へと移動すると、偶然枯れ木に止まっているトキを発見。田んぼで餌を取っているトキは警戒心が強く、車が近づいただけで飛び立ってしまうが、木に止まっているトキは警戒心が薄いようで、かなり近い距離で見ることができ、参加者の皆さんも興奮して見たり、撮影したりしていた。夕方、トキの塒入りを見に行った。その際、下見の時に知り合ったトキに詳しい方に来ていただき、トキの卵の黄身は赤いということや、交尾は5秒以上でないと受精卵ができないということなど、楽しい話を聞きながらトキがやって来るのを待っていた。トキの塒入りは1羽、もしくは2羽でパラパラとやって来る。翌朝は、逆に塒立ちということになるが、塒入りと同じように1羽か2羽がパラパラと出ていく。方向も東へ向かうものもいれば西へ向かうものもいて、おのおの好きな田んぼがあるようだ。一時は日本のトキは絶滅してしまったが、中国から借り受け徐々に数を増やし、今では苦労することなく野生のトキが見られるようになった。このようになるまでトキにかかわった方の苦労は大変だったことだろう。本当に感謝申し上げたい。今は、佐渡島だけでしか見られないが、そのうち本州の大空を舞うトキの姿が見られるかもしれない。2日間、たっぷりトキを見、夕方の船で新潟港へと向かった。船が出港すると、相変わらずウミネコが後をついてくる。しかし西空には夕日が輝き、夕日を背景に飛ぶウミネコの姿も美しかった。
 佐渡島へ渡る前は、新潟の潟湖を巡ったが、あいにくの雨模様。また例年より暖かな日が続いているせいかカモが少なかった。あまり成果が得られなかったが、福島潟ではのんびりしているオナガが見られ、関東の人には珍しくないが、関西から来たお客さんは大変喜んでいた。夕方は、白鳥の湖で有名な瓢湖を訪れた。幸い雨も止み、田んぼで餌を取っていたハクチョウが、塒である瓢湖に次々に帰ってくる様子が見られた。紅葉がまだ残っていたため、その風景はとても美しく感じられた。さて来年も佐渡へ。来年は野生のトキは何羽ほどになっているのだろうか、楽しみである。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
‥弔鵑椶捻造鮗茲襯肇
¬擇忙澆泙辰討い襯肇は警戒心が薄く、近くで見ることができた
クリックにて拡大 クリックにて拡大
T容り、塒立ちの時は、頭上をトキが飛んでいく。
ね縞、新潟港へ向かう船の後をついてくるウミネコ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ナ‥膤磴療庫沼罎ら見られたオナガ
ι燦个縫灰魯チョウが次々に帰ってくる
日記 | No.510 中野泰敬 2019/12/23(Mon) 11:45:47


Next > 第五十四回 秋、恒例の2つのツアー(伊豆沼編) (11月16日)
Back < 第五十二回 秋の渡りの季節 (10月25日)

バードウォッチングならワイバード