image  
TOP  
image
<<  2020年08月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----
管理画面はこちら
第六十回 恒例のシマエナガツアー (2月2日)
 1月下旬は、恒例のシマフクロウとシマエナガを撮影しようというツアーが組まれた。かわいいシマエナガの写真集が発売されてからシマエナガの人気が高まり、ツアーも毎年出さしてもらっている。北海道のエナガは、本州のエナガとは亜種が異なり顔が真っ白。その可愛らしさから、以前から北海道のツアーを行うとシマエナガを見たいという方は多かった。しかし北海道の林は広大で、エナガも行動範囲が広いらしく、本州のように簡単に出合うことができずにいたが、庭の餌台にシマエナガがやって来るというお宿が見つかりツアーを行うこととなったのである。今回も6羽ほどの群れが頻繁にやって来て、思う存分撮影させてもらった。
 さて、初日はシマフクロウである。夕方、宿の到着し早々に夕ご飯を食べた。ペアーが代替わりしてから出現する時間帯がまちまちになり、夜中から明け方はよく出現するという話であったが、最近は7時ごろにもよく出ているということで、外が暗くなる6時からシマフクロウの出現を待つことにした。しかし、待てど暮らせど一向に出現する気配がない。結局出現したのは夜中の2時過ぎになり、今回も徹夜ということになってしまった。だが、この出現が遅かったのが幸いしたのか、いきなり2羽でやって来て、求愛給餌を2回も行ってくれた。待った甲斐があったと、疲れた表情であったが皆さん喜んでいた。
 翌日は峠を越えオホーツク海側へ抜け、更にもう一度峠を越えシマエナガの宿へというコースであったが、ちょうど低気圧が北海道に近づき風雪が強まる。特にオホーツクは!という予報が出てため、急きょコースを変更し、峠を越えなくてすむ鶴居村へ行くことにした。途中港でシノリガモやクロガモなどの海のカモたちを撮影。更に2か所でフクロウを。雪が降っていたためきれいな風景での撮影ができた。その後タンチョウを撮影し、夕方シマエナガの宿へ到着した。到着するなり宿のご主人が‘もう一度シマエナガが来るから部屋に入る前に撮影しなさい’との声がかかり、急いで準備をして外で待つと、直ぐにシマエナガがやって来た。
 今年の北海道も暖かく、昨年までの冷え込みは感じなかった。宿についた時、地面には数十センチの雪が積もっていたが、昨日までは雪がなかったという。この雪は夕べ降った雪なんだよ!とご主人。訪れたタイミングが本当に良かった。翌日も時折細かい雪が降り、きれいな写真を撮ることができた。餌台にはシマエナガの他にシジュウカラ、ハシブトガラ、ゴジュウカラ、コゲラ。アカゲラは5羽来ていただろうか。警戒心の薄いシメもいたり、今年はオオアカゲラも餌台に来ていて、毎年顔ぶれが少しずつ違っていることに喜んだのは私だけだったかもしれない。
 宿に2泊し、しっかりシマエナガを撮影できた方と、最終日に屈斜路湖へ出向いてみた。冬は全面結氷する湖だが、今年はまだ半分しか凍ってなかった。その凍った半分の方でオオハクチョウの撮影に取り組んだ。ちょうど撮影する時、ハクチョウの塒になっている場所にカヌーが出現し、ハクチョウが次々に我々の方に飛んで来た。屈斜路湖は、背景に人工物がなく撮影する者にとってはありがたい湖だ。美しい絵が撮影できたことだろう。
 今年は異常すぎるほどの暖冬だったが、これからもこの異常気象は続くことだろう。気象によって鳥たちの動向がどう変化していくのか予想もつかないが、来年もかわいい姿を見せてほしいものである。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
.轡泪侫ロウ。オスが捕まえた魚をもらおうとメスが近づいていく
∨務て擦療澆旅舛任魯轡離螢モは常連さん
クリックにて拡大 クリックにて拡大
T佑瞭兇乃戮爛侫ロウ。やっと雪景色で撮影できた
そ匹留詑罅アカゲラは5羽来ており、目にしていない時間帯はない
クリックにて拡大 クリックにて拡大
シ找心の強いシメだが、今年は警戒心が薄いシメがいた
Εオアカゲラも来ていたが、残念ながらオスは来ていなかった
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Д魯轡屮肇ラ。時折雪が舞い、冬らしい写真が撮影できた
┷Gも、何回もやって来てかわいい姿を見せてくれたシマエナガ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
牛脂がこぼれ、地上に下りて来たシマエナガ
屈斜路湖のハクチョウは、いつも美しい

日記 | No.517 中野泰敬 2020/03/30(Mon) 11:49:22


Back < 第五十九回 雪がなかった佐渡島 (1月27日)

バードウォッチングならワイバード