image  
image
<<  2019年11月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
管理画面はこちら
第四十三回 三度北海道へ (6月7日)
 中国から戻り、三度北海道へ。今回は羅臼、落石のクルーズがメインになる。この時期の羅臼沖はハシボソミズナギドリの大群が見られ、時に数万羽にもおよぶ見事な群飛が見られるのである。さて、今回はどうであろう、と胸をワクワクさせながら出航する。先ずはウトウが点々と現れる。初めは皆カメラを向けていたが、次第に‘またウトウだ!’という声に代わる。もう少し船を走らせると、ウトウとはシルエットが異なる海鳥を発見、ウミガラスかと思いきやハシブトウミガラスだった。この時期にハシブトウミガラスに出合うのは初めて、更に夏羽ということで船内の熱気が上がる。さて、狙いのハシボソミズナギドリがなかなか現れない。ロシア海域に行ってしまったのか、と不安が募る。船長も必死だ。更に半島の先端に向かって船を走らせると、一列になって飛行する海鳥が。ようやくハシボソミズナギドリとの遭遇である。群れと一緒にフルマカモメも目立つ。船を追いかけるように右に左に現れ、シャッター音が響く。そうこうしているうちに海面に降りているハシボソミズナギドリを発見。数万羽という大きな群れではなかったが、それでも千羽ほどはいただろう。船が近づくと、水しぶきを上げ一斉に飛びち、また着水する。この群れの奥にも、もうひと群れを発見。その群れは、突然姿が消えたかと思うと、しばらくすると再び海面に現れる。ハシボソミズナギドリの餌はオキアミで、群れ全体で潜って捕えるようである。そのため突然群れ全体が消え、突然海面に現れたように見えるのである。そんな行動を楽しんでいると、船長が‘マッコウクジラだ!’と大きな声を発しる。マッコウクジラは羅臼では夏のクジラで、8月9月に見られることが多い。今年はこの時期に!やはり以上気象が関係しているのか。しかしマッコウクジラとハシボソミズナギドリがづ時に見られることはなく、船長さんたちも初めての経験でかなり興奮していた。その熱がこちらまで伝わり、興奮度は最高潮に達した。
 羅臼でのクルーズは大収穫だったと言えよう。そして次は落石クルーズである。このクルーズでの目的はエトピリカを見ること。参加者の方々にとっては、こちらのクルーズの方をメインと考えていることだろう。落石沖は羅臼沖に比べれば波の発生率が高く、毎回天候が気になる。朝食時に電話がかかり‘今日は波が高く中止です’と連絡を受けることもしばしば。幸い今回は連絡もなくスムーズに乗船することができた。後はエトピリカである。こちらのクルーズも先ずはウトウ。羅臼より数が多く、単独でいるもの、群れでいるもの、群れで飛び交っているもの様々なシーンが見られる。ユルリ島に近づくとケイマフリが目立つようになる。目の周りが白く、いつ見ても可愛らしい。飛び立った時に見られる赤い脚も印象的である。2羽で ‘ピピピピピ・・’という可愛い声を出して何か言い合っているペアーもいた。さて、狙いのエトピリカ、なかなか姿が見つからない。島に近いところで1羽発見。いよいよかと思いきやオオハムであった。しかしこのオオハム、上くちばしが奇形しており、ちゃんと餌が獲れるのだろうか?と心配しつつも、目線はエトピリカを探していた。そして、いよいよ遠くに白い顔の海鳥を発見。エトピリカである。ツアーは2艘だて。一艘は少々遠くにおり、すぐさま船長が無線で連絡を取る。距離は少し遠かったが、無事皆でエトピリカを見ることができた。船長の話によると、今シーズン、クルーズでのエトピリカ確認はこれが初めてであったようで、本当にラッキーだった。
 船を利用するツアーは年に数回あるが、毎回天候が気になり精神的に良くない。しかし無事出航し、目当ての鳥が見られた時の感動は大きい。次回も、こうであるよう祈るばかりである。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
〕絮渦では、先ずはイシイルカの出迎えをうける
△海離張◆爾能蕕瓩討粒稜Г箸覆襯魯轡屮肇Ε潺ラスの夏羽
クリックにて拡大 クリックにて拡大
フルマカモメは船の周りを飛び交う
ちイ寮楸瓩波瑤啜遒襯魯轡椒愁潺坤淵ドリの群れ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
イ海了期のマッコウクジラに船長も大興奮
ν鄒亶繕瓩の崖ではアマツバメが繁殖中
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Яイ龍瓩を漂うウミスズメ
┘吋ぅ泪侫蝓飛び立つと赤い脚がよく目立つ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
もめごとか、愛のささやきか、鳴き交わすケイマフリ
少々遠かったが、皆で確認、感激。今季初認のエトピリカ
日記   2019/09/25(Wed) 10:00:16

第四十二回 中国四川省 (5月29日)
 利尻島の後、5月下旬、6月下旬と北海道のツアーが続く。その合間を縫って海外ツアーもあり、まさに5月6月は書き入れ状態だ。5月の海外は、パンダで有名な中国四川省。成都に降りたち標高3000mから4000m付近が主な探鳥地になる。先ずは成都市内の公園で肩慣らし。コサギ、アオサギ、カイツブリ、コシアカツバメなどお馴染みの鳥も出てくるが、やはり日本では見られない鳥を期待する。先ずはカオジロガビチョウ。しかしカオジロガビチョウは、日本では篭脱け鳥としあちらこちらで見られており、何となく盛り上がらない。そんな我々の気持ちを察してか、現地ガイドの‘ダルマエナガですよ!’との大きな声。それを皮切りにカヤノボリ、コシジロムシクイ、ズアカエナガと中国らしい鳥が出現。楽しく鳥を見ていると、池の縁で人だかりが。それも大きなレンズを構えている。野鳥に違いないと、その場所へ行ってみると、30人ほどいただろうか、皆同じ方向を向いている。何を撮影しているのかと覗き込むと、池にヒナをおぶったカイツブリの姿があった。中国で日本と同じような光景を見るとは思いもしなかった。
 成都で昼食をとり、標高2000メートルの臥龍という町に向かう。今日はこの町で一泊し、高山病にならないよう身体を慣らすのだが、この地での野鳥もまた面白い。ガイドの狙いはキンケイだったのだが、チラ見で終わってしまった。しかしキンケイの場所へ行く途中、台湾のヤマムスメに似るサンジャクという鳥に出合うことができ、ガイドもホッとしていたようであった。その他にもシロエリカンムリチメドリ、ウンナンムシクイ、キバラガラなどにも会え、ルリオタイヨウチョウの美しさは印象に残った。
 翌日は夜が明ける前に出発し、3000m越えの山へ向かった。ここでの最大の目的はシロミミキジという大型のキジの仲間であったが、昨年は雨と霧のあいにくの天候。今回も雨はなかったものの、やはり霧が発生してしまい、結局2年連続逃すことになってしまった。しかし、一日は始まったばかり。気を取り直し、場所を変えながら鳥を探すうちに霧も晴れ、順調に鳥を見ていくこととなった。翌日は、また3000mを超える別の山へ向かったが、ここで事件?が発生。走っている車の中で、突然ガイドが‘シロミミキジ!’と大きな声。車も停車し、窓越しに斜面を見ると大きな白い鳥が。車の中は興奮状態。私も興奮していたが、何とか気持ちを落ち着かせ、鳥を逃がさないよう皆を車外に誘導する。私にとっては3年越しの出合いとなり、忘れられない出合いとなった。しかし野鳥との出合いとは本当に不思議なもので、見られるときは続けて見られるもので、別の場所でもシロミミキジが見られ、このツアーで2回も出合うことができたのである。
 さて、二つの山を越えチベット高原へと車を走らせた。草原地帯であるが、それでも3000mを超えている。ここではアカツクシガモや世界的な珍鳥であるオグロヅルが見られる。そして今回は、ガイドが友達から聞いたと、新しい場所へと連れて行ってくれた。狙いはバライロマシコという鳥で、ここでしか見られないとも言っていた。皆で草原を歩き回っていると、美しいさえずりが耳に入って来た。灌木の上を探すと、ほんのりピンクがかった鳥が目に入り‘これは?’と聞くと、‘あっ、それそれ’とガイド。どれほど珍しいのか、我々には計り知ることはできなかったが、ガイドの興奮度を見ると何となく想像はできた。その後インドガンやチャガシラカモメ、ワシミミズクのヒナなども見られ、チベット高原で得たものは多かった。
 このツアーでは九寨溝を巡ることになっていたのだが、ツアーの募集をかけた時は5月の開園ということだったのだが、工事が遅れ8月にずれ込んでしまい、今回は九寨溝を断念することになってしまったことは残念だった。その代わりに、昨年まで十分に出合うことができなかったフジイロムシクイ探しに時間を費やすことにした。時間を費やしても難しい鳥には変わりはなかったが、何とかなんとかゲットすることができた。そして、最終日は世界遺産の黄龍を巡り、もちろん景勝も楽しみながらの、中心は探鳥。シロボウシカワビタキやマユグロモリムシクイ、カンムリシジュウカラ、タカサゴウソなど私たちの目を楽しませてくれた。
 移動距離が長く、少々ハードなツアーだったが、四川の鳥たちが私たちを癒し、そして元気にしてくれたことは間違いなかろう。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
.張◆疾垢蠑紊りのきっかけとなったダルマエナガ
▲イツブリに集う四川のバーダーたち
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Hしさに感激ルリオタイヨウチョウ
ご峩瓩埜られたサンジャク
クリックにて拡大 クリックにて拡大
テ輿鈎から湧いて出てきたヒマラヤハゲワシ
高海抜の山地に棲むムナグロノゴマ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Г笋辰判亶腓┐織轡蹈潺潺ジ
┘張◆爾任馴染みとなったマミジロマシコ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ガイドも興奮ハイバラマシコ
時間をかけようやく見られたフジイロムシクイ
クリックにて拡大
仕草がかわいらしいマユグロモリムシクイ

日記   2019/09/18(Wed) 09:38:16

第四十一回 北海道利尻島 (5月16日)
 北海道と言えば、毎年訪れている利尻島である。現地ガイドの方に案内をお願いし、毎年クマゲラを見させてもらっている。今年も2ケ所の巣を案内していただいた。ツアーを行った5月中旬は抱卵の時期にあたり、抱卵交代の時、クマゲラを目にするのである。北海道本島のクマゲラは4時間おきに抱卵交代するのだが、利尻島のクマゲラは2時間おきなので、最大でも2時間待つことになるが大いに助かる。幸い今年は、2ケ所ともそれほど待つことなく抱卵交代がなされ、かえって時間を持て余すことになった。今頃はヒナたちも立派になり、元気に森の中を飛び回っていることだろう。
 利尻島はコマドリが多く生息しているということでも有名だ。一歩、森に足を踏み入れれば、そこかしこからコマドリのさえずりが聞こえてくる。人家周辺ではノゴマがさえずり、同じ仲間の両種が棲み分けをしているのがよくわかる。その他森ではミソサザイ、エゾムシク、クロジ、アカハラなどが美声を響かせ、草原地帯ではノビタキ、ホオアカ、オオジュリンなどが草の上で大きな口を開いている。利尻島の楽しいのは、この時期は渡りの鳥が多く見られ、昨年までヒメコウテンシ、マミジロキビタキ、コホオアカ、チフチャフなどの珍鳥が毎年見られていたが、今年はそれらの渡りの鳥がほとんど見られず寂しい思いをした。春の暑かったリ、寒かったりという変な気候が影響していたのかもしれない。
 利尻島への航路も楽しみの一つで、ウトウやアカエリヒレアシシギの群れが飛び交い、シロエリオオハムなどのアビ類も北上する姿がよく見られた。中には夏羽になっている個体もいて、それほど近くを飛ぶわけではないが双眼鏡でもしっかりわかるほどだった。
 利尻島を後にした我々は、幌加内町にある朱鞠内湖判の林を訪れた。まだ残雪が残る中、雪が融けた場所ではカタクリやエゾエンゴサクなどの可憐な花が顔をのぞかせていた。早朝林を歩くとキビタキ、コルリ、アオジなどがさえずっていたが、人気を集めたのはベニマシコだった。本州では冬鳥に当たるが、北海道では夏鳥、繁殖鳥である。当然夏羽になっており、本州では見られない真っ赤な姿に歓声が上がる。もう一種歓声が上がったのはヤマゲラである。本州では見ることがない鳥なので当然であろう。繁殖期のヤマゲラは‘ピョッピョッピョッピョッ’とよく鳴き見つけやすい。逆に繁殖期が終わると鳴かなくなるので、探すのが困難になる鳥なのである。
 今年は、全体的に鳥影が少なく感じた。年々野鳥を取り巻く状況が悪化しているように思えてならない。野鳥を探しづらくなっているのは確かで、これ以上悪くならないよう願うしかない。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
〕困離マゲラが抱卵を交代するため帰ってきた
⇔咾任魯灰泪疋蠅里気┐困蠅響き渡る
クリックにて拡大 クリックにて拡大
人家周辺の生け垣ではノゴマが元気だ
ね尻島名物ウミネコの舞い
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ヂ元にはヒメイチゲが可憐な花を咲かせている
航路ではアカエリヒレアシシギの群れが飛び交う
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Ъ覽覇發念貳嵜裕ぅ戰縫泪轡
┘筌泪殴蕕皀張◆爾任録裕い高い
クリックにて拡大
朱鞠内ではツツドリも見やすい
日記   2019/09/09(Mon) 09:40:28

第四十回 夏鳥シーズンの始まり (4月21日)
 いよいよ夏鳥シーズンの到来である。ゴールデンウィーク後半、新潟県沖に浮かぶ粟島での渡り鳥観察が終わり、次に訪れたのが北海道であった。この春は桜の開花が早かったが、開花後は寒波がやってきて春は足踏み状態となった。しかし夏鳥の飛来は例年より早いように思われ、私が住む相模原市では4月17日にはサンショウクイとキビタキの声が響いていた。さて北海道はどうであろう!と思っていたが、千歳周辺は芽吹きが今ひとつ。夏鳥の姿もまばら。元気だったのはヤブサメとセンダイムシクイだけであった。
 支笏湖周辺の林も芽吹きがもう少しであったが、早朝にはクロツグミ、オオルリ、キビタキ、ツツドリなどのさえずりが響き渡り、一通りの夏鳥が揃っていたように思えた。最近は早朝の探鳥を逃すと、さえずる声が極端に少なくなる。千歳周辺も時間帯が違っていたら、もっと多くの鳥がいたのかもしれない。
 さて、芽吹きが遅いことが、私たちに幸運をもたらしてくれたこともあった。それがヤブサメとの遭遇だ。普段は鳴き声しか聞かれず見つけることが困難な鳥が、突然ひょいと枝に止まりさえずる。ある場所ではパチッ、パチッと鳴きながら林縁部の地上を歩きながらエサ探し。これほどゆっくり、しっかり見られたこは、ツアーを始めてから今までなかったことだ。地味な色彩の鳥だが、小さい体ながらも一生懸命さえずる姿に、皆感動したことだろう。
 支笏湖畔で観察した後は北大演習林を訪れた。やはり時間帯が悪いのか、さほどの成果も得られずバスに乗り込もうとした瞬間、ヤマゲラのペアーが飛んで来た。地上でエサを取ったり、ベンチの上を動き回ったり、まるでデートでもしているかのような振る前に笑みがこぼれた。この時期、ヤマゲラはどこかで見られるだろうとは思っていたが、このタイミングとは・・・
 演習林後は南下し、函館近くの大沼公園へと移動。千歳、支笏湖とは様相が異なり、青々とした風景が広がっていた。こんなにも季節が違うのかと驚きもした。青々とした森、さぞ沢山の鳥がいるだろうと思っていたが、それほどでもなくがっかりした。常連のニュウナイスズメ、コムクドリの数が少ない。ここ数年、台風が北海道を直撃している。洞ができるような木がなぎ倒されているようだ。
 異常気象が続く中、鳥たちの動向にも変化が現れているのかもしれない。この夏のツアーも不安を抱えながら進めていくことになるのだろう!と、このツアーの時に思っていたことは現実として現れることになるのである。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
“某4になると、我が家周辺では毎日のようにサンショウクイの声が響き渡る
美しい支笏湖の夕焼け。手前の木々は、まだ芽吹いていない
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ヤブサメ、今年ほどゆっくり見られたことはない
づ呂辰突茲燭个りか?地面でミミズを捕えたクロツグミ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ゥビタキも渡って来たばかり。地面に降りたり、枝に上がったり
Φ△蟶櫃妨修譴織筌泪殴
クリックにて拡大 クリックにて拡大
大沼公園から見た駒ヶ岳。支笏湖とは異なり新緑真っ盛り
┐茲Δ笋見つけたコムクドリ。渡来が遅かったのか、まだ群れていた
クリックにて拡大
巣穴を掘り終わったばかりなのか、何回も来て穴を点検するアカゲラ

日記   2019/08/19(Mon) 10:05:21

第三十九回 更に北へ 山口県見島(4月21日)
 どんどん北上していこう!奄美大島の次に訪れたのが、山口県萩港から、船でわずか1時間10分ほどに浮かぶ島、見島である。昨年訪れた時は、航路でカンムリウミスズメが何度か見られたので楽しみにしていたが、当日は波が高く甲板に出るも、時折波しぶきが甲板に達するほどの時化模様。危うくびしょ濡れになるところであり、鳥など探す余裕はなかった。
 さて、島に上陸するやいなや、直ぐに探鳥に取り掛かる。まずは田んぼで、頭部が黒い黄色いセキレイ、キタツメナガセキレイをゲット。幸先の良いスタートだ。他にはダイサギ、アオサギが大きな群れを作り、その中に小さなアマサギが隠れるように佇んでいた。タヒバリも10羽くらいの群れでいただろうか。人の気配でピーピー鳴きながら飛び立って行く。その中にチーと、タヒバリとは異なる声を出して飛んでいく鳥もいる。ムネアカタヒバリだ。舞い降りた場所は草むらの中。結局飛んだ姿だけでしっかり見ることができなかった。
 田んぼを抜け山へと歩を進めるとキビタキ、キビタキ、またキビタキ。一度に4羽5羽と目に入る。今年一年分、いや一生分のキビタキを見た感じだ。キビタキの中には渡りに疲れ、近づいても逃げようとしない個体もいた。それにひきかえオオルリが元気だったこと。近づくとさっさと林へ飛び込んでしまう。しかし両種とも、2日後には数が少なくなっており、元気に渡って行ったんだな!と、何か安心した気持ちになっていた。
 見島には農業用の貯水池が沢山ある。その一つを観察していると、林との境にコマドリがいるよ!との声。皆で「どこ?どこ?どこ?」と探している間に、今度はヤブサメが現れる。普段あまり目にすることがないヤブサメが頻繁に現れ、餌をついばんだり、水浴びをしたり、ゆっくりしっかり姿を見ることができた。その他ノゴマ、ミヤマホオジロ、クロツグミ、ルリビタキなどが次々に現れ、あっという間に2時間が経ってしまった。
 最終日はコイカルから始まる。木の実をついばんでいたようだったが、分からず下を歩いてしまいキョッ、キョッと鳴いて飛び立ってコイカルの存在に気がついた。あー、失敗した!と悔やんでいたら、同じ木に戻って来てくれた。よっぽどその木の実が目当てだったのだろう。地面に降りて落ちた木の実をついばみもし、コイカルもじっくり。再び田んぼを訪れるとコホオカがいたり、ムナグロが1羽ヘタリ込んでいたり、昨日見られなかった鳥の姿があり、確実に鳥が移動している。渡りを行なっている様子が実感できた。
 昨年はキクイタダキが多く、今年とは様子が違っていた。さて来年はどのような渡りが行われるだろうか。来年も期待しながら訪れるとしよう。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
.瀬ぅ汽とチュウサギの群れに1羽のアマサギ
30羽ほどいたアオサギも3日目には姿を消していた
クリックにて拡大 クリックにて拡大
この春はキビタキの多さにびっくり!
ぅオルリは元気いっぱい、目が合うと直ぐに林の中に
クリックにて拡大 クリックにて拡大
タ緇譴妨修譴織筌屮汽
Ε灰泪疋蠅盡修譴拭
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Ц島名物ミサゴが水田で巣材を鷲づかみ
地上に落ちた木の実をついばむコイカル♂
クリックにて拡大
メスは芝生に落ちた木の実を
日記   2019/05/17(Fri) 11:01:43

第三十八回 春の奄美大島(4月9日)
 与那国島から、渡り鳥たちのように北上してみよう。4月は奄美大島を訪れた。奄美大島では渡り鳥狙いではなく、奄美に生きる固有種や固有亜種狙いである。もちろん季節柄、渡り鳥の姿もある。干潟ではウズラシギやアカアシシギ、本州では珍しいオオメダイチドリなどが見られた。この春、特に多かったのはオジロトウネンで、干潟ばかりでなく水田でも見られた。オジロトウネンは体長が13cmほどで他のシギと一緒にいると、その小ささが際立っていた。港へ行くと、周辺の草地には例年通りムネアカタヒバリが多く、名の通り顔から胸を赤く染った夏羽になっている個体も多く見られた。それに引き替えセキレイ類の数の少なさだ。昨年も少なく、3月に訪れた与那国島でも少なかった。いったいどうしてしまったのだろう。住用地区の公園ではギンムクドリとマミジロタヒバリが見られたが、普段、新潟県や宮城県で目にしている私にとっては、ヒシクイがいたことが最も驚いた。
 さて、奄美での本来の狙いはアカヒゲやルリカケスなどの固有種である。昨年はオオトラツグミが見やすかったが、昨年、ヒナがカラスにやられてしまったらしく、その後ペアーは、どこかへ行ってしまい姿は見られなかった。しかしこのオオトラツグミ、島の中でどんどん北上しているらしく、数年も経てば観察の森で普通に見られるようになるかもしれない。ルリカケスはというと、既に巣立ったヒナを引き連れている個体、巣にいるヒナにせっせと餌を運んでいる個体、これから繁殖しようとしているのか、樹洞を見て回っている個体など、観察の森はルリカケスの数が増えている。難敵アカヒゲは、昨年大きな台風が奄美を2回も直撃し、そのため林の中の木々が大分なぎ倒されていた。そのお蔭と言っては奄美の方々に怒られてしまいそうだが、林の中が見通しが効くようになり、かつてないほどの見やすさであった。また、建物の中に巣を構えているペアーがおり、観察していると抱卵中のようであった。メスが出入りする様子や、時折、オスが見回りに来る様子が見られた。もう1種類、オーストンオオアカゲラというキツツキも狙いの野鳥だ。本州に棲むオオアカゲラの亜種で、本州の個体より白斑が少なく全体に体が黒っぽく見え、別種に思えるほど本州のオオアカゲラとは異なるほどだ。ここ数年、観察の森内で繁殖し、巣も遊歩道近くに構えることが多い。ドラミングがよく響き、今年も巣穴を掘るシーンや餌を取るシーンなど、しっかり見ることができた。
 そして、私にとって最もうれしかったのはリュウキュウキビタキである。アカヒゲの出現を待っていると、リュウキュウキビタキのさえずりが聞こえたかと思ったら、突然‘ブュッ、ブュッ’という鳴き声とともに飛んで来た。翼を開き口を開け身を低くする戦闘態勢。するともう一羽の影が‘あっ、メスだ!’。づやら求愛中だったようで、おかげで間近で見ることができた。このリュウキュウキビタキ、本州に夏鳥として渡って来るキビタキの亜種であるが、渡りをしない、色気が少々異なる、さえずりが異なる、冠羽の仕方も異なるなど違いが多く、次の野鳥目録の改定で別種扱いになるのではと期待している。このことはトラツグミの亜種、オオトラツグミにも言えることで、別種扱いの鳥が増えれば、奄美大島は固有種の宝庫になるだろう。林の中は暗く、おまけに猛毒のハブが生息している。しかしこのことが奄美の野鳥たちを守っているに違いない。是非皆さんも、奄美大島を訪れ奄美の野鳥にふれてほしい。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
ヾ崖磴任琉譽灰沺▲ジロトウネンとウズラシギ
⊃綸弔任魯▲泪汽の姿も
クリックにて拡大 クリックにて拡大
春の常連さんムネアカタヒバリ
て兇凌紊魄みに来たルリカケス
クリックにて拡大 クリックにて拡大
タ緇譴防颪す澆蠅織襯螢ケスの幼鳥
ξ咾涼罎明るく見つけやすかったアカヒゲ♂
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Д▲ヒゲのメスもよくさえずっていた
巣穴を掘るオーストンオオアカゲラ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
突然現れたリュウキュウキビタキ
体を伸ばしたり縮めたりしてなくズアカアオバト

日記   2019/05/08(Wed) 09:44:26

< Back   Next >

バードウォッチングならワイバード