社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
JATA総会
今日は松本で講演会
来年3月までのツアー掲載を完了!
JATA役員選考委員会
今日から札幌
明珍火箸風鈴 
今月は再び先生生活
久しぶりの仲の神島ツアー
南北首脳会談に寄せて
謙虚な観光都市、宮崎へ
今日から札幌 (0)
明珍火箸風鈴  (0)
今月は再び先生生活 (0)
久しぶりの仲の神島ツアー (0)
2018 年 06 月 (4)
2018 年 05 月 (4)
2018 年 04 月 (6)
2018 年 03 月 (6)
2018 年 02 月 (5)
2018 年 01 月 (7)
2017 年 12 月 (6)
2017 年 11 月 (6)
2017 年 10 月 (6)
2017 年 09 月 (6)
<<  2018年05月  >>
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
管理用
JATA総会
拡大 拡大

昨日は弊社も会員となっている日本旅行業協会の総会が大手町の経団連会館にて行われ、私も役員選考委員という立場で出席、お役目を無事に果たすことが出来た。

来賓の顔ぶれとしては田村観光庁長官はもちろんのこと、石井国土交通大臣、菅官房長官、二階自民党幹事長など、お馴染みの方々が並んだ。だが皆さん相変わらず訪日観光客増加の話が中心で、2020年の年間4000万人突破も目前だとか。とくに官房長官は自ら陣頭指揮をとって来られたせいもあり成果を上げていることにご満悦のご様子だ。

弊社にもインバウンドの話は来るが、冬の道東に需要が集中している点や、私が阪急交通社を辞めた当時の外国人旅行部担当者との約束もあり、積極的には取り組んでいない。だが今はインバウンド誘致に熱心な地方での講演が増えており、間接的にはその恩恵に預かっている。そして今後は量より質が求められるのは言うまでもない。

さて、今夜は経営塾の仲間が還暦祝いを開いてくれるとか。まだまだ頑張ります。
  2018/06/22

今日は松本で講演会
今日は松本市で講演を行なった。不明瞭な松本城の入場料や、到着客に不親切?な松本空港など、ちょっと辛口の話になったが皆さんに喜んで頂けたようで一安心だ。

それ相応の講演料を頂いて人前で話す以上は、自身が実際に見て体験した事しか話せない。従って講演にあたっては必ず前日までに現地入りし、取材で撮影した写真を講演直前ギリギリまでパワポに落とし込んで本番に臨んでいる。例えば「観光で地域つくり〜旅のプロからのアドバイス」というタイトルで50回以上の講演会を行ってきたが、その50回すべてが違う内容なのだ。こんな過酷な作業がいつまで続けられるかわからないが、お声がけ頂ける限り頑張りたい。講演活動は今や私のライフワークとなった。

来週も再び中央線特急の旅となる。行き先は少しだけ近くなるが諏訪市である。

拡大 拡大 拡大 拡大
  2018/06/18

来年3月までのツアー掲載を完了!
一部を除き、来年3月出発分までの海外・国内コースのホームページ掲載を完了した。

弊社では永く続けてきた既存のコ−スの大幅リニューアルを進めているが、今回は10月の北海道ツアーに室蘭を、佐渡島ツアーには佐潟、瓢湖、福島潟を新たに追加。11月の伊豆沼ツアーには裏磐梯を加えた。さらには大人気の冬の九州縦断ツアー(1月出発)は諫早湾と球磨川上流を組み込んだ4日間コースに変更。すべて事前下見を終えている。また新コースとして日光及び諏訪方面への1泊2日のバスツアーを企画した。

海外ツアーのトピックとしては、9年前から毎年弊社タイツアーを案内し続けている人気のバードガイド2名に、彼らの一言一句を同時通訳する、探鳥ツアーに精通した経験豊かな女性添乗員が同行する新シリーズがスタート。12月出発のタイ南部、1月出発のタイ中部、3月出発のタイ南部と3本のラインアップだ。他にカンボジアへのツアーも用意した。また現地日本人バードガイドの露木さんが案内する人気のコスタリカに中野が同行。2名で案内する贅沢なツアーとなった。どれもこれもが自信作である。

これらのツアーを網羅した新しいワイバード通信は7月上旬に完成するが、すでにいくつものご予約を頂いている。少人数限定のコースが多いので、とりあえず仮押さえ的なご予約は本当に困りものだが、本気のご参加表明はぜひお早めに!
  2018/06/11

JATA役員選考委員会
昨日は日本旅行業協会の役員選考委員会に出席。委員を仰せつかって3年目となる。

協会の役員枠は25名で、現在は23名。大手旅行会社の社長が名を連ねる中で、弊社も所属する「旅の専門店連合会」のメンバーが数名含まれている事はとても嬉しい。経営塾の同期の活躍も誇りに思う。最近はジャパネットに代表されるように異業種からの旅行業参入も多く、旧態依然の業界に新たな風を吹き入れて欲しいものだ。旅行業は将来AIに乗っ取られる可能性が薄いと思われる数少ない業種である。私自身、アルバイト時代から数えれば40年以上もお世話になっているこの業界の衰退は見たくない。

年に2回の会議に出席するだけの名ばかりの選考委員ではあるが、役割を果たしたい。
  2018/06/06

今日から札幌
総合旅行業務取扱管理者講習の仕事もいよいよ終盤、今日は夕方から札幌に向かう。

そして来月以降は再び講演の仕事が。6月は長野県の松本市と諏訪市、7月は金沢、8月は再び札幌へにお邪魔する。こんな事ばかり書いていると何だか本業が疎かになっているように思われるかもしれないが、そんな事は決してない。今は仕事をマルチタスクにこなすのが流行りだそうで、それを可能にしたのはやはりITの進化と業務のアウトソーシング化であろう。弊社は身軽なゆえに時代の移り変わりに迅速な対応が可能だ。

新しいワイバード通信はすでに表紙は出来上がっており、何とか7月にはお届け出来るよう進めている。国内ツアーは2月まで、海外ツアーは3月出発までを発表予定だ。ホームページ上では続々と先行掲載中、来週末には全コースの閲覧が可能かと思う。

今一番深刻な問題は鳥が減っている事。状況に合わせてコースも変えているのだが。
  2018/05/30

明珍火箸風鈴 
総合旅行業務取扱管理者講習の仕事も半分終わり、今日は午後から広島入りだ。

そんな中、空いた日を利用して日本橋高島屋で行われた『この道ひとすじ〜日本の伝統展』を見に行った。目的は出展者のひとつ、明珍本舗の明珍夫妻と再会するためだ。

明珍本舗は我が故郷・姫路にあり、しかも私が幼い頃に住んでいた家の向かい側。但しそれを知ったのは明珍本舗が産み出した『明珍火箸風鈴』が有名になりTVなどで取り上げられるようになってからだ。そこで帰省の際に工房に立ち寄り、火箸を買い求めたのが知り合った縁。まさか自身が子供の頃よく遊んでいた近くに平安時代から続く甲冑師の家があったことを、50年も経ってから知るなんて恥ずかしい限りである。

3本の火箸が織りなす風鈴の音は繊細で本当に美しい。まさに故郷の音色といえる。

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大
  2018/05/22

今月は再び先生生活
前にも書いたように今月は旅行業界唯一の国家資格『総合旅行業務取扱管理者』の業界向け試験に備えた講義があり、今はその準備で忙しい。私は3科目を担当しており、今年は東京会場以外にも横浜、札幌、広島へと赴く。受講者は皆、自身の将来がかかっており真剣だ。そんな彼らの合格の為に、今年も精魂込めた授業を行いたい。
  2018/05/08

久しぶりの仲の神島ツアー
拡大 拡大

ずいぶんと久しぶりに企画した仲の神島ツアー、おかげ様であと1名様にて満席となる。

仲の神島(うがんじま)は八重山諸島の西表島南西約15Kmに浮かぶ無人島で、海鳥の一大繁殖地となっている。上陸は禁止されており船をチャーターし、風下に停泊して船上から観察を行うのだが、私自身、過去に2度行っており、船から海に飛び込みシュノーケリングしながら海鳥観察をしたことが懐かしい。もちろん海中は熱帯魚の世界だ。

他のツアーも好調でとくに海外は8月のケアンズや9月のボルネオが残席僅か、11月のシンガポールはすでに満席に。来月には新たなコースを含め続々と発表します。
  2018/05/01

南北首脳会談に寄せて
今日、板門店で南北首脳会談が行われた。私が最後に板門店を訪れたのは偶然にも1994年7月、金日成氏が亡くなったと発表された日。あの夜、ソウルの街中が南北統一への期待で湧いていた。あれから四半世紀が経ち、再び街は盛り上がっている。

弊社では創業時から10年前頃までは毎冬、韓国へのツアーを実施していた。釜山でゴビズキンカモメを探したり、群山でトモエガモの大群に感動したりと、さまざまな企画をお届けした。とくに印象に残っているのは特別な許可を貰って訪ねたDMZ(軍事境界線非武装地帯)。境界線を越え北へ向かうガンの姿に、「イムジン河」の歌詞を思い出す。同じ民族でありながら分断されてしまった人々。私たちの国も終戦時に東西に分けられる話もあったと聞く。そして北の山々に向かって一人のお客様が叫んだ「めぐみさんを返せ〜!」の声。さまざまな事情からツアーは出来なくなったが、今日の南北首脳による共同宣言が具現化され、お互いが自由に境界線を越える日が来ることを願いたい。

さて明日からゴールデンウィーク。竜飛崎、飛島とツアーは続くが、私自身は久しぶりにゆっくり休めそうだ。とは言っても5月の授業の準備も進めなくてはならないが。

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大
  2018/04/27

謙虚な観光都市、宮崎へ
拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大

先週は内外情勢調査会の講演で宮崎へ。ソウル、台北、香港からの直行便が就航している事もあり、有名観光地は御多分に漏れず外国人観光客で賑わっていた。

また青島や鵜戸神宮には昔、フェニックスハネムーンで宮崎を訪れた夫婦が金婚式の記念に再訪するのも流行とか。青島や鵜戸神宮などは昭和レトロなままの観光地。きっと50年前の思い出が甦る事であろう。また、城下町の飫肥では油津港に寄港する大型クルーズ船客を誘致すべく頑張っている。今回の講演ではそういった今の宮崎観光に対するさまざまなご提案をさせて頂いたが、少しでもお役に立てれば幸いである。

宮崎に出かける前、ちょうど『ブラタモリ』で青島や鵜戸神宮を取り上げていた。おかげで鬼の洗濯板や海岸の岩を「あれが砂岩であれがコンクリーション」といった視点で見てしまった。そして街の洋食屋さんで頂いたチキン南蛮の味と、宮交バスの謙虚さも忘れられない旅となった。
  2018/04/23

  Next >

Y Bird All rights reserved.