社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
先ずは現地集合型ツアーを中心に徐々にリスタート!
例年より多い6月のツアー
JATAのお墨付き
6月からのツアー再開を目指して!
緊急事態宣言の延長に対応
業界仲間と共にコロナ危機を乗り切りたい
テレワーク生活も早や1週間
4月出発の全てのツアーを中止します。
青い鳥を求めて気軽な日帰り撮影旅行
ご予約好調なアメリカへの新コース
業界仲間と共にコロナ危機を乗り切りたい (0)
テレワーク生活も早や1週間 (0)
4月出発の全てのツアーを中止します。 (0)
青い鳥を求めて気軽な日帰り撮影旅行 (0)
2020 年 05 月 (5)
2020 年 04 月 (4)
2020 年 03 月 (5)
2020 年 02 月 (4)
2020 年 01 月 (4)
2019 年 12 月 (5)
2019 年 11 月 (4)
2019 年 10 月 (4)
2019 年 09 月 (4)
2019 年 08 月 (4)
<<  2019年04月  >>
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930----
管理用
先ずは現地集合型ツアーを中心に徐々にリスタート!
緊急事態宣言が全国規模で解除され、それに伴う規制緩和に対する様々な報道が飛び交っていたが、昨日、正式な通達が届いた。まずは慎重に移動することが大切だ。

そこで弊社ツアーは感染症対策ガイドラインに沿って十分に注意しながら、先ずは栃木や山梨での現地集合型の日帰り撮影ツアーを中心に再開する。そして長距離へのコースは、いち早く来島自粛要請を終了した沖縄県宮古島を皮切りに、6月後半には北海道などへと広げてゆく。バス会社さんや宿泊施設もツアー再開を心待ちにしているようだ。

もちろんこれらはすべてご参加頂けるお客様のおかげ。心から感謝申し上げます。
  2020/05/28

例年より多い6月のツアー
今、弊社のホームページには来月出発のツアーが19本も掲載されている。昨年の6月は12本だったので何と1.5倍だ。うち4本は満席になっていたにも関わらず、海外2本は渡航制限で早々に中止を決定。小笠原への2本は島の医療の状況や、島の人々の気持ちを考え実施を自粛した。残ったツアー15本のうち催行決定済みが11本、うち4本が満席だ。

旅行業界の仲間の中には全く仕事が無いので、Uber Eatsの配達員や、介護施設の送迎ドライバー、ガードマンのバイトをしている人もいる。そんな中、お客様からご予約を頂き、何とか本業が動いているのは本当に幸せだ。例え自粛要請が解除されず、結果的にツアーが出なかったとしても、やるだけの事はやったのだから悔いはない。
  2020/05/21

JATAのお墨付き
昨日はJATA(日本旅行業協会)の役員候補者選考委員会へ。久しぶりのリアル会議だ。

その際に見せてもらったのが現在作成中の「旅行業における新型コロナウイルス対応ガイドライン」の雛型だ。だがご存知の通り弊社はその通達を待つことなく現在、感染症対策ツアーを募集中だ。そのことをJATAの事務局長に伝えると、その速さに驚かれると同時に、弊社の対応策とその実施要領で間違いないとのお墨付きを頂くことが出来た。

今夜にも39県の規制が緩和されるとか。もう一息だ。緩むことなく頑張ろう。
  2020/05/14

6月からのツアー再開を目指して!
前回の日誌から1週間。おかげさまで6月以降のツアー予約がさらに動いてきた。

ガイドの中野と相談し、中止となった5月のツアーの中から6月に移行可能な4コースを、感染症対策を講じた内容に変えたうえで移し、緊急事態宣言延長の記者会見が終わると同時にお客様に告知。あれから1週間が経過したが、ありがたい事に6月出発の13コースのうち10コースが催行決定。さらに4コースが満席と、数多くの予約を頂いた。

また再開時期が全く読めない海外ツアーだが、来年3月に2年ぶりに企画したコスタリカがすでに満席。早々に追加設定を手配する嬉しい結果に。4月はキャンセルばかりで毎週20件以上の払戻し手続きを行っていたことを思うと、ようやく光が見えた感じだ。

もちろん収束にはほど遠い。だがこのままでは旅行会社もバス会社も宿も到底もたない。とはいえ最終的なツアー実施については個々のコース毎に慎重かつ冷静に判断したい。この場を借りて数多くお寄せ頂いた温かい応援メッセージに心から感謝します。

追記〜20年以上お付き合いのある北海道の天売島の宿のご主人に連絡を入れたら、「皆さま方がいらっしゃるのを心からお待ちしています」との嬉しいお言葉を頂いた。
  2020/05/11

緊急事態宣言の延長に対応
本日、日本政府による緊急事態宣言が5月31日まで延長される事が決定した。これで弊社が最も稼ぎ時であった5月発のツアーが全て中止という、緊急事態に陥った。

実は先月末、約1か月延長とのマスコミ報道が出た段階で、弊社では5月31日まで、或は6月7日までという2つのケースを想定し、5月実施のツアーの中から変更可能な3コースについて複数の出発日を想定し、すぐに発表出来るように準備を進めてきた。

こんな状況の中でまだ諦めていないのかとのご批判も承知の上での措置である。ツアー定員を当初より減らし、他にも弊社なりの感染症対策を講じての再計画だ。おかげさまでWEB上では一時期は皆無だった新規のご予約も今月に入って増えてきている。

コロナ後、世界中の旅行業界は様変わりするだろうと言われている。そんな流れに逆らうことなく、今後は弊社ツアーも変わるだろう。しかもそれは偶然にも数年前から計画し準備を進めてきた形態とほぼ一致している。私の先を読む力はまだまだ残っていた。
  2020/05/04

業界仲間と共にコロナ危機を乗り切りたい
旅行業界が過去に経験したことがない大変な事態に陥っているこんなときになぜ?と思うのだが、弊社が所属する「旅の専門店連合会」の会長職に任じられてしまった。

弊社のような専門特化した旅行会社20社から成る「旅の専門店連合会」(通称、たびせん)は昨年秋に20周年を迎えたアライアンスだ。4つの委員会から成り、共同で業界向けのセミナーを行なったり、スタッフ向けの勉強会を開いたりと活発に活動している。

が、昨日ZOOMを使って行われた定期総会で決まったのは今年に限り、各社が支払う「たびせん」への年会費を半額に免除することだった。各社ともに今は経営を持続させるために無利子の公的融資を受けたり、社員の雇用を守るために雇用調整助成金を申請したりと、大変な時期である。少しでも支出を減らすためには当然の決議であろう。

今はとにかく経営者同士が密に情報交換を行い、仲間の1社たりとも倒産することなく、この危機を乗り越えることだ。コロナに負けない強い気持ちで一緒に乗り切りたい。
  2020/04/23

テレワーク生活も早や1週間
政府の言いつけをきちんと守り、自宅でのテレワーク生活も1週間が過ぎた。

元々、出張中に会社のPCにリモートで繋いで仕事することが日常だったので、そう不自由はない。事務所からPCのモニターとキーボードを持ち込んだのも正解だった。ほぼ会社と同じように作業が可能だ。テレビで某コメンテーターが、大企業に比べ零細企業のテレワーク導入は難しいだろうなどと言っていたが、むしろ逆ではないかと思う。旅の専門店連合会の定例ミーティングもZOOMを使って行われることになった。

だが、ツアーが全く動かず、いつから再開出来るのかわからない状況はとても辛い。例え政府による緊急事態宣言が解除されたとしても直ぐに再開してもよいものなのか。この場で何度も書いているが、状況をよく見極めて、とにかく冷静に対処してゆきたい。

ありがたいのはこの厳しい状況の中、弊社株主のどなたからも売却の申し出がないことだ。応援してくださる多くの方々のご期待に応えるためにも、ここは頑張りどころだ。
  2020/04/15

4月出発の全てのツアーを中止します。
日本政府による緊急事態宣言が発令された事により、自粛期間中の弊社ツアー全てを中止とします。お申込みのお客様には順次ご連絡申し上げます。また5月以降分につきましては今後の情勢を見極めたうえで、改めてご連絡申し上げます。尚、弊社スタッフの健康を守るために、5月6日までの営業を停止します。但しホームページ及びメールによるご予約、お取消し、お問合せには対応致しますので何卒よろしくお願い申し上げます。

今は皆様のご無事をお祈りすると同時に、一日も早く日常生活が戻り、再び皆様方と共にバードウォッチングが楽しめる日々がやってくることを心待ちにいたしております。
  2020/04/07

青い鳥を求めて気軽な日帰り撮影旅行
今回のコロナウイルス騒ぎが起きる前までは多くのキャンセル待ちの方々のご要望にお応えし作った春の富士山麓、及び利尻島ツアーの追加設定を止む無く中止決定とした。

そこで空いた日を利用し、新たなシリーズとして僅か6名様から催行決定可能な少人数限定の撮影日帰りツアー2本を新たに発表した。5月11日出発の「富士山麓でコルリを狙う」と5月22日出発の「奥日光で夏鳥を撮る」だ。それぞれ都心からのアクセスが便利な河口湖駅、東武日光駅に集合、小回りの利くジャンボタクシー1台でご案内するものだ。山梨や栃木に日帰りでゴルフに出かける感覚で気軽にご参加頂ければと思う。

弊社では現在、海外ツアーは5月出発分までは全面中止。国内ツアーに於いては日本政府による緊急事態宣言が発令された場合に即刻中止という条件で募集中である。

拡大 拡大
  2020/04/01

ご予約好調なアメリカへの新コース
拡大

暫くの間クローズしていたスポーツジムがようやく再開、筋力がやや戻ってきた。

さて、10月1日出発の新ツアー「感動!北米東海岸の渡り風景〜ケープ・メイ」が好評だ。先週月曜発売のBIRDER誌に広告を掲載、水曜日にHPへUPしたばかりにも関わらず、あと2名様で催行決定という、とても早いペースでのご予約を頂いている。

現地案内役のブライアン・シャーリー氏は日本語が驚くほどに堪能、その優しい人柄が評判の米国人バードガイドだ。もちろん鳥の名前はすべて和名で案内。彼が昨年12月に来日した際に弊社事務所で打合せを行ない、中野と二人で現地を案内するツアーが誕生した。そしてブライアンは今年2月に米国人バーダーの案内人として再び来日。その際、タンチョウ観察地である北海道の鶴居にて中野と会い、親交を温めた。

現在、コロナウイルス感染予防のため、アメリカへの観光目的での渡航は禁止されているが、10月にはきっと行けるだろう。ツアーの結果が今からとても楽しみだ。
  2020/03/24

  Next >

Y Bird All rights reserved.