社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
ご予約好調なアメリカへの新コース
国内ツアーは回復傾向に。ロタ・サイパンは中止が決定。
キャンセルなんてもったいない!
ツアー以外にも影響が…
3月出発分の弊社ツアーについて
ツアー中止のお知らせ
新型コロナウイルス(2)
3月に現地集合型日帰りツアーを3本設定!
ダイヤモンドプリンセス
新型コロナウイルス
ツアー中止のお知らせ (0)
新型コロナウイルス(2) (0)
3月に現地集合型日帰りツアーを3本設定! (0)
ダイヤモンドプリンセス (0)
2020 年 03 月 (5)
2020 年 02 月 (4)
2020 年 01 月 (4)
2019 年 12 月 (5)
2019 年 11 月 (4)
2019 年 10 月 (4)
2019 年 09 月 (4)
2019 年 08 月 (4)
2019 年 07 月 (5)
2019 年 06 月 (5)
<<  2019年12月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
管理用
ご予約好調なアメリカへの新コース
拡大

暫くの間クローズしていたスポーツジムがようやく再開、筋力がやや戻ってきた。

さて、10月1日出発の新ツアー「感動!北米東海岸の渡り風景〜ケープ・メイ」が好評だ。先週月曜発売のBIRDER誌に広告を掲載、水曜日にHPへUPしたばかりにも関わらず、あと2名様で催行決定という、とても早いペースでのご予約を頂いている。

現地案内役のブライアン・シャーリー氏は日本語が驚くほどに堪能、その優しい人柄が評判の米国人バードガイドだ。もちろん鳥の名前はすべて和名で案内。彼が昨年12月に来日した際に弊社事務所で打合せを行ない、中野と二人で現地を案内するツアーが誕生した。そしてブライアンは今年2月に米国人バーダーの案内人として再び来日。その際、タンチョウ観察地である北海道の鶴居にて中野と会い、親交を温めた。

現在、コロナウイルス感染予防のため、アメリカへの観光目的での渡航は禁止されているが、10月にはきっと行けるだろう。ツアーの結果が今からとても楽しみだ。
  2020/03/24

国内ツアーは回復傾向に。ロタ・サイパンは中止が決定。
今週に入り、お客様からのご予約が少しずつではあるが、戻ってきている。

明日出発の「アホウドリに期待!八丈島航路海鳥ウォッチング」は満席(22名様)であったのが、新型コロナウイルスを理由とした取消しが相次ぎ先週までに11名様にまで減った。だがホームページ上で多数の空きが出たと告知したところ、先週末から新たに5名様からのご予約を頂き16名にまで戻ったのだ。残って下さった11名のお客様と、新たな5名の方々には心からの感謝を申し上げたい。きっと楽しいツアーになるはずだ。また3月23日に急遽設定した現地集合型、井の頭公園も順調にお申し込みを頂いている。

今後の予定だが、来週末の大洗苫小牧ツアーは北海道での上陸時間が苫小牧港での僅か数時間のみなので何ら問題はない。来月早々の奄美ツアー2本も政府による緊急事態宣言が出ない限り予定通りに行なう。奄美群島のある鹿児島県は数少ない感染者ゼロの県でもあるのだ。南国の美しい固有種や固有亜種をぜひ満喫して頂きたい。

但し大変残念なことに30日出発のロタ・サイパンへのツアーは、北マリアナ連邦政府による感染国に対する入国制限が発令され、かつ利用航空便の欠航が決定したのでツアーは中止になりました。 (写真は以前のロタ・サイパンツアーの様子です)

拡大 拡大
  2020/03/19

キャンセルなんてもったいない!
コロナウイルス自粛ムードの中でも弊社ツアーの半数以上が催行されている。

写真は先週末に帰国したタイ南部ツアーの探鳥風景。カザリショウビンを全員でじっくりと観察・撮影中だ。皆さんが口を揃えて仰るのが、出発前はあれこれと心配したが、実際に来てみると、空港以外ではマスクは不要。美味しい空気を吸いながら暫しコロナ騒ぎを忘れて身も心も充電出来たとか。しかも探鳥地はどこも空いており、他のグループに気を配ることもなく、いつもより鳥の出がいいというのは言い過ぎか…。

キャンセルなんてもったいない!皆さま、ぜひいつも通りにツアーにご参加ください。

拡大
  2020/03/11

ツアー以外にも影響が…
本業へのダメージの大きさはこの日誌を見て頂ければおわかり頂けると思うが、それ以外の仕事や趣味の世界でも中止や自粛が続き、ストレス発散の場も奪われた。

前述の両国国技館・5000人の第九の中止を皮切りに、28日の旅専セミナー、そして3月2日の添乗員レベルアップ研修もキャンセル。年末に第九を歌うために先月新たに入団したばかりの東京フロイデ合唱団の練習も3月いっぱいお休みに。3.11に向け練習中の、南相馬市立小高中学校の卒業生が作った「群青」という感動の合唱曲を僅か3回で見事にハモったので、これは良い合唱団に入れたと喜んでいた矢先だった。

そして体力維持のために通っているスポーツジムもついに休館。いつまで続くのか。

拡大 拡大
  2020/03/05

3月出発分の弊社ツアーについて
3月1日発の道東ツアーは北海道知事による緊急事態宣言を受け、2月28日18時30分にツアー運行中止を決定しました。2日発のタイ南部へのツアーは予定通り実施します。

3月9日と18日発の現地集合型日帰りツアー「ミヤマホオジロを求めて!埼玉武蔵丘陵森林公園」は中止とし、3月23日の「アオゲラを求めて!桜咲く井の頭公園」は集合時刻を10時30分と遅くし、満員電車への乗車による感染リスクを軽減することにしました。

次に、3月20日発の「アホウドリに期待!八丈島航路海鳥ウォッチング」は東海汽船が消毒や換気など感染予防に努めている点、3月27日発の「大洗〜苫小牧航路 海鳥ウォッチング」は商船三井フェリーが乗船者の検温を行ない、その結果によっては乗船を拒否する措置をとっている点から、ツアーは今のところ予定通り実施するものとします。

最後に3月30日発「ロタとサイパン ミクロネシアの鳥たち」は北マリアナ連邦からの入国拒否が行われない限り、実施することとします。(現在、日本を感染国と指定して入国拒否を講じているのは、ミクロネシア連邦であり、ロタとサイパンは含まれません。)
  2020/03/02

ツアー中止のお知らせ
3月1日発の道東ツアーは北海道知事による緊急事態宣言を受け、2月28日18時30分にツアー運行中止を決定しました。2日発のタイ南部へのツアーは予定通り実施します。
  2020/02/29

新型コロナウイルス(2)
新型コロナウイルス「COVIT19」の国内での感染が日を追う事に広がっている。

今後の弊社ツアーだが、明日出発のパース、明後日からの流氷の北海道シリーズ3本、そして3月出発のタイとロタ・サイパン、八丈島と大洗苫小牧航路の海鳥観察ツアーは予定通り催行する。4月以降については今後の状況次第だが、感染が治まってくれることを祈るばかりだ。尚、お客様には手洗い等の予防策の徹底をお願いする事となる。

今度の日曜日に行なわれる予定であった国技館での5000人の第九は中止に。仲間と共に練習を重ねてきただけに残念だが、さすがに多人数が唾を飛ばして歌うイベントだけに仕方のない決定だと思う。昨年夏から準備を進めてこられた事務局の方々の無念さは決して他人事ではない。我が業界の仲間たちも私以上の痛みに耐えているところだ。

何度も書いてきたが、マスコミ報道に踊らされることなく冷静に対処して行きたい。
  2020/02/20

3月に現地集合型日帰りツアーを3本設定!
いくつかのツアー中止、延期に伴い3月に3本、現地集合型の日帰りツアーを設定した。

先ずは9日発の埼玉武蔵丘陵森林公園。このシリーズの中では最も遠方での実施となるため、果たしてご参加頂けるのかと心配したが、先週の木曜日に発表して僅か1週間ながら、すでに13名のお客様よりご予約を頂いた。メインの鳥はミヤマホオジロ(写真左)。東京周辺ではなかなか見られない鳥だ。沼ではトモエガモなど、カモ類も観察する。

あとの2本は定番の葛西臨海公園と井の頭公園。葛西臨海公園では夏羽に衣替え中のカンムリカイツブリやハジロカイツブリを中心に。井の頭公園では開花した桜を愛でながら蜜を吸うメジロを観察、シジュウカラの囀りを聴きながらアオゲラ(写真右)を探す。

そして今現在は今年も人気の諏訪ツアーを実施中。赤い鳥たちを楽しんで頂いている。

拡大 拡大
  2020/02/14

ダイヤモンドプリンセス
拡大 拡大

横浜港に停泊しているクルーズ客船「ダイヤモンドプリンセス」が注目を浴びている。

この船には過去に何度か乗船経験があり、船内の様子や状況がリアルに理解出来る。また、経営塾の後輩など知り合い数人が現在、経過観察のため船内待機を余儀なくされている状態だ。彼らは幸いにもバルコニー付きの部屋のようだが、インサイドと呼ばれる窓もない内側の部屋にいる乗客やクルーはまるで独房に閉じ込められたかのようであり、さらに基本2名仕様のスペースに3名、4名で乗っている方々は尚更にお気の毒だ。

そして今日那覇港に、さらに清水港などを経由して来週にも横浜港にやってくるはずであったクルーズ客船「ウエステルダム」は日本を含む各国からの入港を拒否され、海上をさまよう事に。数千人が乗り合わせる大型客船の問題点を改めて考えさせられる。

そんな状況の中でミクロネシア連邦はついに日本を感染国に指定し、日本人の入国に制限を設けた。幸い、弊社がツアーで訪問するロタ島は北マリアナ連邦に所属しており、今現在ツアーへの影響はないのだが、今後の感染拡大が大いに懸念されるところだ。

こういったとき旅行業は真っ先に影響を受ける。前述の通り冷静に対応して行きたい。
  2020/02/07

新型コロナウイルス
連日のように新型コロナウィルス感染症のニュースが流れている。

人から人への感染が明らかになったが、ここはひとつ、冷静に対応したい。弊社のツアーの場合、長時間人混みの中に身を置くこともなければ、密室の中に閉じ込めらる事もない。マスク着用、アルコール消毒液や石鹸での手洗いといった基本的な事が大切だ。

異常気象や地震による災害、新たな病原菌の発生、未来は常に危険と隣り合わせか。
  2020/01/30

  Next >

Y Bird All rights reserved.