社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
新型コロナウイルス(2)
3月に現地集合型日帰りツアーを3本設定!
ダイヤモンドプリンセス
新型コロナウイルス
昨夜は会社の新年会
今年も恒例となった新年互礼会に参加
新年あけましておめでとうございます。
皆さま良いお年を!
忘年会ラッシュの日々
ワイバード通信2020年春夏号が完成!
新型コロナウイルス (0)
昨夜は会社の新年会 (0)
今年も恒例となった新年互礼会に参加 (0)
新年あけましておめでとうございます。 (0)
2020 年 02 月 (3)
2020 年 01 月 (4)
2019 年 12 月 (5)
2019 年 11 月 (4)
2019 年 10 月 (4)
2019 年 09 月 (4)
2019 年 08 月 (4)
2019 年 07 月 (5)
2019 年 06 月 (5)
2019 年 05 月 (5)
<<  2020年02月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
管理用
新型コロナウイルス(2)
新型コロナウイルス「COVIT19」の国内での感染が日を追う事に広がっている。

今後の弊社ツアーだが、明日出発のパース、明後日からの流氷の北海道シリーズ3本、そして3月出発のタイとロタ・サイパン、八丈島と大洗苫小牧航路の海鳥観察ツアーは予定通り催行する。4月以降については今後の状況次第だが、感染が治まってくれることを祈るばかりだ。尚、お客様には手洗い等の予防策の徹底をお願いする事となる。

今度の日曜日に行なわれる予定であった国技館での5000人の第九は中止に。仲間と共に練習を重ねてきただけに残念だが、さすがに多人数が唾を飛ばして歌うイベントだけに仕方のない決定だと思う。昨年夏から準備を進めてこられた事務局の方々の無念さは決して他人事ではない。我が業界の仲間たちも私以上の痛みに耐えているところだ。

何度も書いてきたが、マスコミ報道に踊らされることなく冷静に対処して行きたい。
  2020/02/20

3月に現地集合型日帰りツアーを3本設定!
いくつかのツアー中止、延期に伴い3月に3本、現地集合型の日帰りツアーを設定した。

先ずは9日発の埼玉武蔵丘陵森林公園。このシリーズの中では最も遠方での実施となるため、果たしてご参加頂けるのかと心配したが、先週の木曜日に発表して僅か1週間ながら、すでに13名のお客様よりご予約を頂いた。メインの鳥はミヤマホオジロ(写真左)。東京周辺ではなかなか見られない鳥だ。沼ではトモエガモなど、カモ類も観察する。

あとの2本は定番の葛西臨海公園と井の頭公園。葛西臨海公園では夏羽に衣替え中のカンムリカイツブリやハジロカイツブリを中心に。井の頭公園では開花した桜を愛でながら蜜を吸うメジロを観察、シジュウカラの囀りを聴きながらアオゲラ(写真右)を探す。

そして今現在は今年も人気の諏訪ツアーを実施中。赤い鳥たちを楽しんで頂いている。

拡大 拡大
  2020/02/14

ダイヤモンドプリンセス
拡大 拡大

横浜港に停泊しているクルーズ客船「ダイヤモンドプリンセス」が注目を浴びている。

この船には過去に何度か乗船経験があり、船内の様子や状況がリアルに理解出来る。また、経営塾の後輩など知り合い数人が現在、経過観察のため船内待機を余儀なくされている状態だ。彼らは幸いにもバルコニー付きの部屋のようだが、インサイドと呼ばれる窓もない内側の部屋にいる乗客やクルーはまるで独房に閉じ込められたかのようであり、さらに基本2名仕様のスペースに3名、4名で乗っている方々は尚更にお気の毒だ。

そして今日那覇港に、さらに清水港などを経由して来週にも横浜港にやってくるはずであったクルーズ客船「ウエステルダム」は日本を含む各国からの入港を拒否され、海上をさまよう事に。数千人が乗り合わせる大型客船の問題点を改めて考えさせられる。

そんな状況の中でミクロネシア連邦はついに日本を感染国に指定し、日本人の入国に制限を設けた。幸い、弊社がツアーで訪問するロタ島は北マリアナ連邦に所属しており、今現在ツアーへの影響はないのだが、今後の感染拡大が大いに懸念されるところだ。

こういったとき旅行業は真っ先に影響を受ける。前述の通り冷静に対応して行きたい。
  2020/02/07

新型コロナウイルス
連日のように新型コロナウィルス感染症のニュースが流れている。

人から人への感染が明らかになったが、ここはひとつ、冷静に対応したい。弊社のツアーの場合、長時間人混みの中に身を置くこともなければ、密室の中に閉じ込めらる事もない。マスク着用、アルコール消毒液や石鹸での手洗いといった基本的な事が大切だ。

異常気象や地震による災害、新たな病原菌の発生、未来は常に危険と隣り合わせか。
  2020/01/30

昨夜は会社の新年会
拡大

昨夜は弊社バードガイドの中野さん、中村さんを迎えて新年会を催した。

中村さんが案内する海鳥観察ツアーの人気はうなぎ上りで、3月の八丈島と大洗苫小牧航路、5月の三宅島、6月の小笠原ツアー2本はすでに満席だ。またBIRDER誌3月号への出稿や、5月には客船・にっぽん丸でのバードガイドなど活躍の場も増えている。

もちろん中野さんのツアーも相変わらず好調で、鳥見シーズンの5月、6月は殆どのツアーが催行決定済みとなっており、満席のために追加設定したコースもいくつかある。彼の強みは20名を超えるお客様にもきちんと鳥をお見せ出来る力量がある事だ。ツアー定員を少し減らした方がいいのではとの提案するも、「大丈夫!」と受け付けない。

現在は8月出発までのツアーを発表済み、9月以降はもう少しお待ち頂きたい。
  2020/01/16

今年も恒例となった新年互礼会に参加
拡大 拡大 拡大 拡大

昨夜は講演活動でお世話になっている時事通信社の新年互礼会に参加した。

政財界の重鎮が集まるという、場違いなパーティに呼んで頂けるようになって随分と経つのだが、年頭挨拶をされる総理大臣はずっと同じ顔。いかに長期政権かが伺える。逆に乾杯の音頭をとられた経済同友会の会長は新顔だ。他にも昨年入閣された小泉進次郎氏など新しい顔も見られた。もっとも拝見するのみで一言も交わしてはおらず、ひたすら帝国ホテル名物のローストビーフを頂くのみのイベントとなっているのだが。

最近、諸外国を訪ねて感じるのは日本の国力の低下だ。相変わらずの低賃金のため物価も安く、働く老人の姿が目立ちはじめ、若い力が溢れる東南アジア諸国とは全く違う。その現実を受け入れ、これからは皆で熟成した社会を築いて行くのが最良と言える。

天下国家はさておき、私自身の今年の使命は、自分の会社をさらに成熟させる事だ。
  2020/01/08

新年あけましておめでとうございます。
新年あけましておめでとうございます。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

弊社は今年を新たなスタートの年と捉え、目標として掲げた「少人数」「高品質」「低価格」路線をさらに進めるべく、多くのツアーの改革、改善を実施してまいります。またガイドの好奇心を満たす為ではなく、お客様の為の海外ツアーの拡充を図ります。

まだまだ終わらないワイバードの新たな挑戦にぜひ!ご期待ください。
  2020/01/01

皆さま良いお年を!
弊社は本日が仕事納め。明日28日より1月5日までは年末年始の休業となる。

新しい<ワイバード通信>がお客様のお手元に届いて約2週間、おかげさまで順調にご予約を頂いている。とくに弊社の稼ぎ時とも言えるピークの5月は発表した8コース全てが催行決定となり、コルリを観察する富士山麓ツアーや、クマゲラが見やすい利尻島ツアーはすでに満席。共に新たな追加コースを設けました。本当にありがとうございます。

さて、今年も大変お世話になりました。皆さま、どうか良いお年をお迎えください。
  2019/12/27

忘年会ラッシュの日々
先月30日を皮切りに「忘年会」という名目で催される飲み会が続いている。

もう若くないのだから美味しい酒と美味しい肴を少量でと思うのだが、相変わらずの「飲み放題、食べ放題」プランが続き胃薬が手放せない。と言いながらも、あちこちのお座敷に呼んで頂けるのは本当にありがたい事だ。昔の仲間、業界仲間、経営塾の同期会、さらに小学校のクラス会まで。夏に46年ぶりに再会した同級生との忘年会もある。

さて今夜、明日、明後日、月曜日とこなし、来週金曜日が最後の忘年会だ。

拡大
  2019/12/19

ワイバード通信2020年春夏号が完成!
拡大

来年夏までのツアーを掲載した「ワイバード通信2020年春夏号」が出来上がった。

東郷なりささんの版画による表紙は5月の利尻や立山&上高地ツアーでご覧頂けるコマドリ。上高地の笹の中をイメージしての作品だとか。しっかりと尾を立てた姿からは「ヒンカラララ〜♪」の美声が聞こえてきそうだ。弊社ホームページの表紙<ワイバード通信>からダウンロード出来るので、興味のある方はぜひご覧頂きたい。もちろん掲載ツアーの全てはHPにも掲載済み。すでに満席近いコースも含まれている。

例えば、長らく運休していた成田〜サイパン線が再就航したことにより、ロタ・サイパンへのツアーを4年ぶりに掲載した。定員7名様に対し、すでに5名様からのご予約が入っている。だが残念なのは、多くのお客様からのご要望を頂きながら、昨年同時期の冊子よりも海外ツアーが減ってしまった点だ。これについては次回発行する2020年秋冬号掲載分から新コースを続々と発表して行く予定なので、あと暫くお待ち頂きたい。

国内ツアーも合わせ弊社のツアーは来秋以降、大きくリニューアルすべく準備中だ。
  2019/12/12

  Next >

Y Bird All rights reserved.