社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
沖縄本島から
石垣島から
大成功だった小笠原ツアー
俳優・高島忠夫さんの訃報に接して
JATA総会
新潟県にて地震発生
新しいワイバード通信をホームページにアップ!
来年3月までのツアー掲載を完了!
札幌に来ています。
電柱広告
俳優・高島忠夫さんの訃報に接して (0)
JATA総会 (0)
新潟県にて地震発生 (0)
新しいワイバード通信をホームページにアップ! (0)
来年3月までのツアー掲載を完了! (0)
2018 年 09 月 (5)
2018 年 08 月 (5)
2018 年 07 月 (6)
2018 年 06 月 (6)
2018 年 05 月 (4)
2018 年 04 月 (6)
2018 年 03 月 (6)
2018 年 02 月 (5)
2018 年 01 月 (7)
2017 年 12 月 (6)
<<  2019年07月  >>
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---
管理用
沖縄本島から
拡大

宮古島ツアー帰りの中野さんと、石垣島帰りの私が那覇の街で暑気払いの飲み会。

最も重要なビジネスパートナーながら互いに多忙な日々を過ごしており、顔を合わせるのは年に3〜4回なので、話は尽きず、昨夜も気がついたらお店の閉店時間を迎えていた。今回の話の中心は弊社の近未来について。私も常々考えている重要なテーマだが、中野さんから提案されたプランは私自身が思い描いていた事とほぼ合致しており、さすが長年にわたり連れ添った相棒だと改めて嬉しくなった。先日受けたトラベルビジョンのインタビュー以来、突っ掛かっていた答えが得られて嬉しい夜だった。

いずれ具現化してお知らせする日も来るだろう。まだまだ先の話ではあるのだが。
  2019/07/12

石垣島から
「チャーター船で行く!絶海の孤島 仲の神島」ツアーに添乗員として同行した。

但し残念ながら石垣島に滞在中ずっと波が高く、船を出すことが叶わず、ご参加頂いたお客様には大変申し訳ない気持ちでいっぱいだ。それでも何んとか島の鳥は楽しんで頂きたく、急遽ジャンボタクシーを2台チャーターしてガイドの本若さんとっておきのフィールドにご案内。海岸から近いベニアジサシのコロニーや、いくつかの珍鳥、迷鳥との出会いもあり、何とかお客様へのせめてもの穴埋めをと頑張って頂いた。そして今日出発の宮古島ツアーでも経由地の沖縄本島から海鳥観察の為に利用する船が欠航。ガイドの中野が急遽選んだ探鳥地で珍鳥を見つけるという幸運があった。

また今回の石垣ツアーは出発直前に複数名のお客様からキャンセルがあり、団体割引航空券の最小人数を割り込んでしまう危機に。そこで今月末に家庭の事情で退職する弊社手配担当スタッフの上原千晴に「卒業旅行」との名目で羽田〜石垣の往復便に同乗して貰う事に。さすが手配担当だけあって僅かな時間で自らの旅行をプロデュース。とても充実した八重山での時間を過ごせたようで、私としてもそこは嬉しい結果に。

写真は担当ガイドの本若さん、上原、私の、島での貴重な3ショットだ。

拡大
  2019/07/06

大成功だった小笠原ツアー
拡大 拡大

本日終了した「クロウミツバメとメグロに会いたい!初夏の小笠原」ツアーを担当した中村咲子さんからツアー報告と写真が届いた。目的は達成、大成功だったようだ。

とくに父島からのチャーター船は彼女が1年前から何度も現地に通い、打合せを重ねて実施したもの。ツアーではアナドリ、オナガミズナギドリが何度も近くに現れ、目的のクロウミツバメのポイントで停泊すると、複数の個体が肉眼でフラッシュが見えるほどの距離を飛び交いました。またカツオドリの営巣地では雛の姿も確認、他にもセグロミズナギドリ、シロハラミズナギドリ、クロアジサシにも出会う事が出来たとか。また母島ではメグロの巣立ち雛を見ることが出来、アカガシラカラスバトは父島、母島の両方で観察。ははじま丸からの観察では、アカアシカツオドリを往復共に堪能したとの事だ。

次回の中村さん担当の海鳥ツアーは8月26日出発の小笠原。こちらもチャーター船を利用して、カツオドリの繁殖地を訪ねる。すでに催行決定済み、ご予約はお早めに!
  2019/07/01

俳優・高島忠夫さんの訃報に接して
./image/1561692160_107.jpg

今日、俳優の高島忠夫さんの訃報をネットニュースで知った。

かなり前の話だが私が阪急交通社のトラピックスにいた頃、ワンランク上のブランド<ゴールド>を立ち上げる事となり、イメージキャラクターには元気な熟年ご夫妻が相応しいと、阪急東宝グループとの繋がりが深い、高島忠夫・寿美花代夫妻にお願いした。

なぜか私がスタジオでの写真撮影や、新聞広告用の対談やらの担当となり、何度か高島ご夫妻とお話する機会があった。高島さんは夢中になると時間を忘れて話続けられ、とくに親交の深かったフリオ・イグレシアスの話は本当に嬉しそうだったのが印象深い。

晩年は病に苦しんでおられたとか。心からご冥福をお祈りします。
  2019/06/28

JATA総会
拡大

昨日、観光庁長官や官房長官を来賓にお迎えし、日本旅行業協会の総会が行われた。

来日外国人観光客の伸びばかりが注目されているが、実は2018年の海外渡航者数は過去最高であった。おそらくLCCを筆頭とした新規参入航空会社や新規路線が増えている結果と思われるが、その恩恵を旅行業界が受けているかといえば微妙なところだ。

田川会長は冒頭の挨拶で、イノベーションを起こすべきと力説されていたが、旧態依然の旅行業約款を何とかして欲しい。今のままでは日本の旅行業界もまた、ガラパゴスになってしまう。いやすでに世界の常識から取り残されてしまっているのではないか。

イノベーションが得意な澤田氏率いるHISが日本旅行業協会を脱退した事が象徴的だ。
  2019/06/25

新潟県にて地震発生
昨夜、新潟県で震度6強の地震が発生した。震源地は村上市の沖合だとか。

村上市は弊社の粟島ツアーで毎年、春と秋の2回お邪魔している場所だ。村上駅に着くとすぐに岩船港へ直行するので市内をゆっくり見る時間はないが、至るところに名物の塩引き鮭がぶら下がり、マンホールも鮭。なかなかの風情ある城下町だ。

幸いにも亡くなられた方はいらっしゃらないようだが、被災された方々には心よりお見舞い申し上げるとともに、いつ何時起きるかわからない災害には常に備えたい。

拡大 拡大 拡大 拡大
  2019/06/19

新しいワイバード通信をホームページにアップ!
拡大

ワイバード通信2019秋冬号が出来上がった。表紙は絵本作家、東郷なりささんによる、1月のタイ北部ツアーでご覧頂けるマダラチュウヒの群れ。塒入りシーンは圧巻だ。

さて、これまでは過去3年以内に弊社ツアーにご参加頂いたお客様にお送りしていたのだが、今回は2年以内とさせて頂いた。また実際にはご参加頂いてなくとも、ご予約があった(のちにキャンセルされた)方への発送も今回は見送らせて頂いている。但しこの冊子は弊社ホームページの「ワイバード通信」をクリックして頂ければ、こちらの方がひと足早く、しかもどなたでも自由にダウンロードしてご覧いただける。

実は近年の傾向として、早い段階で複数のコースにご予約頂きながら、キャンセル料がかかる時期の少し手前で取り消しをされたり、弊社から請求書をお送りすると予約された事を思い出し、慌てて取り消しをされる方が見受けられる。ご自身の体調不良やご家族のご病気など、止むを得ない事情でのキャンセルはとてもお気の毒ではあるが、仮予約のような気持ちでのご予約はご遠慮頂きたい。とくにずいぶんと前から満席だったツアーが出発の1か月前になってから空席が出ても、なかなかその穴は埋められないのだ。

なんだか強気の発言と思われるかもしれないが、弊社としてはこういったリスクを少しでも減らす事で旅行費用の軽減化を図り、少しでも多くの方にご参加頂きたいのだ。
  2019/06/13

来年3月までのツアー掲載を完了!
ワイバード通信2019秋冬号の制作作業が進んでいる。それに伴い、掲載されるツアー全てのホームページへのアップが終了した。国内外共に来年3月出発分までだ。

とくに海外ツアーについては日頃からお客様より「もっと増やして欲しい」とのご要望を頂いており、オーストラリアの新コースをはじめ、昨年同期に比べ3コース増やし、合計16本の掲載となった。また年末年始のツアーを3年ぶりに復活させた。

今やご予約の殆どがネット経由となり、ワイバード通信の役割も薄れてきたが、それでも冊子が欲しいと仰る方もおられるので、あと暫くは発行を続けたいと思う。
  2019/06/10

札幌に来ています。
JATA授業で札幌へ。この街にはいったい何度来た事だろう。職業柄、地図が無くとも歩ける場所はたくさんあるけれど、札幌には100回以上は来ていると思う。

駅前の大丸で「なつぞら」の展示が行われていた。舞台となった十勝は私が北海道で天売島に次いで好きな場所だ。食も充実、ばんえい競馬も素晴らしい。

そして我が社で最も最もお世話になっているのも北海道だ。

拡大 拡大 拡大 拡大
  2019/05/30

電柱広告
拡大拡大

『幸福洗脳』、会社近くの電柱に突如として怪しいQRコード付きの電柱広告が現れた。

だが昨年からradikoのタイムフリー機能を使ってラジオを楽しむのが習慣になっている私は、これは何かを知っていた。オリエンタルラジオの中田敦彦さんが自身の番組「オールナイトニッポンPremium」の中で幸福洗脳のアパレルブランドを広めるのに電柱広告がいかに安上がりで効果的であるかを熱弁されていたのを聴いていたからだ。

あと出しジャンケンのようだが実は私も起業当初、この電柱広告について調べた事があった。全国各地のバードウォッチャーが多く集まる探鳥ポイントの電柱に『バードウォッチングツアーのワイバード』という看板を出せば、費用対効果抜群の宣伝が出来ると考えたからだ。だが当時は「2ちゃんねる」が絶頂期の時代。ネットで叩かれるのが嫌で躊躇してしまった。もしこれを実行していたらどんな結果が出ただろうか。中田さんにはそんなネット中傷をはねつけるだけのパワーがある。だから出来るのだ。

ところで、私が今一番聴いている番組はラジオ日本「ダブレット純 音楽の黄金時代」だ。そして今日のJATA授業の会場は横浜市内のラジオ日本の会議室であった。
  2019/05/24

  Next >

Y Bird All rights reserved.