社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
JATA総会
今日は松本で講演会
来年3月までのツアー掲載を完了!
JATA役員選考委員会
今日から札幌
明珍火箸風鈴 
今月は再び先生生活
久しぶりの仲の神島ツアー
南北首脳会談に寄せて
謙虚な観光都市、宮崎へ
今日から札幌 (0)
明珍火箸風鈴  (0)
今月は再び先生生活 (0)
久しぶりの仲の神島ツアー (0)
2018 年 06 月 (4)
2018 年 05 月 (4)
2018 年 04 月 (6)
2018 年 03 月 (6)
2018 年 02 月 (5)
2018 年 01 月 (7)
2017 年 12 月 (6)
2017 年 11 月 (6)
2017 年 10 月 (6)
2017 年 09 月 (6)
<<  2018年03月  >>
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
管理用
羽田空港社会見学
拡大 拡大 拡大 拡大

先日、経営塾OB会が実施した「JAL羽田空港格納庫見学会」に参加した。

阪急交通社勤務時代にはJALパイロット訓練用の操縦席シュミレーターで操縦させてもらったり、機内からの緊急脱出訓練に参加したりと、貴重な体験を得てきたが、格納庫は初めてだ。普段は離着陸の航空機の窓から見るだけの格納庫だが、想像以上の大きさだ。

初めてスカイメイトという学割運賃を使って飛行機に乗ったのがJALだったせいか、今でも鶴丸のこの航空会社のファンだ。国内出張の際には僅かな加算運賃で広く静かな「クラスJ」が寛ぎの空間だし、国際線も他社より座席が広い「新・間隔エコノミー」が嬉しい。但し、さすがに年のせいか長距離路線でのエコノミー移動は辛くなったが。

そしてJALと言えばやはり城達也氏の名ナレーションではじまり終わった音楽番組「ジェットストリーム」が懐かしい。飛行中もWifiが繋がるようになり、スマホやタブレットに夢中な人が増えたが、私は今でも機内では静かに音楽を聴くのが至福のときだ。

JALは来年から大型機を全てA350に統一して効率化を図る。新たな成長に期待したい。
  2018/03/14


Y Bird All rights reserved.