社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
先ずは現地集合型ツアーを中心に徐々にリスタート!
例年より多い6月のツアー
JATAのお墨付き
6月からのツアー再開を目指して!
緊急事態宣言の延長に対応
業界仲間と共にコロナ危機を乗り切りたい
テレワーク生活も早や1週間
4月出発の全てのツアーを中止します。
青い鳥を求めて気軽な日帰り撮影旅行
ご予約好調なアメリカへの新コース
業界仲間と共にコロナ危機を乗り切りたい (0)
テレワーク生活も早や1週間 (0)
4月出発の全てのツアーを中止します。 (0)
青い鳥を求めて気軽な日帰り撮影旅行 (0)
2020 年 05 月 (5)
2020 年 04 月 (4)
2020 年 03 月 (5)
2020 年 02 月 (4)
2020 年 01 月 (4)
2019 年 12 月 (5)
2019 年 11 月 (4)
2019 年 10 月 (4)
2019 年 09 月 (4)
2019 年 08 月 (4)
<<  2019年04月  >>
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930----
管理用
JALグローバルのプレミアム感?
拡大

毎年恒例となったJATA関西支部の新入社員研修の仕事を終え、昨夜、大阪から戻った。

今年こそ何とかJALグローバルクラブ加入の資格を得たいと、今回の出張もJALにて羽田〜伊丹を往復したのだが、ビジネス路線という事もあって、上級会員の利用がもの凄く多い。なぜわかるかと言えば彼らは搭乗時、優先搭乗と言って、一般客より先に機内に案内される。が、最初に呼ばれた<ファーストクラス><ダイヤモンド会員><エメラルド会員><JALグローバルプレミア会員>が、ざっと数えて50名。次に呼ばれた<サファイア会員><JALグローバル会員>が40名。何と航空機の定員252名のB767型機の約3分の1以上が上級会員なのだ。航空会社の顧客囲い込み戦略が成功した例だろう。

「う〜ん、プレミアム感ないな〜」と思ったが、前方座席の優先予約や預け荷物の優先受取、マイル加算など特典は多いので、とりあえずグローバル会員は目指す事にした。
  2019/04/19


Y Bird All rights reserved.