社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
夏休み小笠原ツアーの報告が届きました。
来年5月末までのツアーをホームページにアップ!
夏休み終了!
来週は弊社夏休み!
賑やかに歓送迎会
吉本の騒動に外野からひとこと
カメラマンの増加はダイビングの現場も同じ
沖縄本島から
石垣島から
大成功だった小笠原ツアー
来年5月末までのツアーをホームページにアップ! (0)
夏休み終了! (0)
来週は弊社夏休み! (0)
賑やかに歓送迎会 (0)
2019 年 09 月 (1)
2019 年 08 月 (4)
2019 年 07 月 (5)
2019 年 06 月 (5)
2019 年 05 月 (5)
2019 年 04 月 (5)
2019 年 03 月 (4)
2019 年 02 月 (4)
2019 年 01 月 (5)
2018 年 12 月 (4)
<<  2019年05月  >>
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-
管理用
安全運転への願い
先週、散歩中の保育園児を巻き込んだ滋賀県大津市の交差点での痛ましい事故。これを受けて、高齢者に関わらずドライバーの安全運転への意識の低さが問題視されている。

対向車がいるのに強引に右折する車を「松本走り」と言うらしく、他にも危険運転が多い地域の名前をとった「名古屋走り」「山梨ルール」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」、そして我が故郷名を冠した「播磨道交法」なる言葉もあるらしい。

確かに姫路ナンバー(播磨地方)の運転マナーは悪いと思われる。子供の頃、女性ドライバーと大型車両が怖いという事で作られた「一姫二トラ三ダンプ」を模して「一姫(姫路ナンバー)、二トラ(トラック)、三いずみ(和泉ナンバー)」という言葉があったほどだ。

外国人観光客によるレンタカー運転も増えた今、自動運転システムの普及を待つ前に、危険回避を知らせる車をもっと増やす政策を進めて欲しい。日々、お客様に観光バスやジャンボタクシーに乗って頂いている弊社にとっても、交通事故は大敵なのだ。
  2019/05/13


Y Bird All rights reserved.