社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
先ずは現地集合型ツアーを中心に徐々にリスタート!
例年より多い6月のツアー
JATAのお墨付き
6月からのツアー再開を目指して!
緊急事態宣言の延長に対応
業界仲間と共にコロナ危機を乗り切りたい
テレワーク生活も早や1週間
4月出発の全てのツアーを中止します。
青い鳥を求めて気軽な日帰り撮影旅行
ご予約好調なアメリカへの新コース
業界仲間と共にコロナ危機を乗り切りたい (0)
テレワーク生活も早や1週間 (0)
4月出発の全てのツアーを中止します。 (0)
青い鳥を求めて気軽な日帰り撮影旅行 (0)
2020 年 05 月 (5)
2020 年 04 月 (4)
2020 年 03 月 (5)
2020 年 02 月 (4)
2020 年 01 月 (4)
2019 年 12 月 (5)
2019 年 11 月 (4)
2019 年 10 月 (4)
2019 年 09 月 (4)
2019 年 08 月 (4)
<<  2019年09月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930-----
管理用
夏休み小笠原ツアーの報告が届きました。
先週は2つの新コースが実施された。ひとつはケアンズ在住ガイド・太田さんの企画による「南オーストラリア アデレードとカンガルー島」。お客様は現在帰国便の機中だ。

そしてもう1本が海鳥ガイド・中村さん企画の「夏の小笠原 メグロと海鳥とクジラ」。彼女のからの報告によれば、目的はすべて達成!お客様からの評判もとても良かったようだ。父島からのチャーター船上からは、カツオドリの雛やセグロミズナギドリ、オナガミズナギドリ、アナドリなどを至近距離で観察・撮影、ははじま丸の航路上ではカツオドリを。もちろん母島では固有種メグロは満腹状態。最終日のおがさわら丸にはアカアシカツオドリの成鳥と亜成長2羽が1時間近く付いてきたり、アカオネッタイチョウが現れたりと、最後まで盛り上がったとか。彼女自身はガイドに専念しており、ベストショットはお客様がお持ちのようだが、数少ない撮影写真を掲載したので、ご覧ください。

左上から順に.ツオドリの親子 ▲瀬弔鮗茲蟾腓Εツオドリ アカアシカツオドリ ちイ砲弔い討るハシナガイルカ ゥ泪奪灰Εジラのブローが虹色に Ε泪奪灰Εジラのフルークダウン

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大
  2019/09/02


Y Bird All rights reserved.