社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
3連休利用の白樺峠が無事に終了!
大型客船の旅が進行中
9月10月のツアーは11本、講演は5本。
今シーズンも第九に挑戦
今週は国内ツアーを2本実施
世界中が旅行客で溢れている
明日から夏休みを頂きます。
明日から弊社は新年度
風情もなく容赦なく降る雨
本当に好きな仕事で収入が得られる幸せ
今シーズンも第九に挑戦 (0)
今週は国内ツアーを2本実施 (0)
世界中が旅行客で溢れている (0)
明日から夏休みを頂きます。 (0)
2017 年 09 月 (3)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (6)
2017 年 06 月 (7)
2017 年 05 月 (8)
2017 年 04 月 (7)
2017 年 03 月 (6)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (7)
2016 年 12 月 (8)
<<  2017年09月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
管理用
どうかよいお年を!
弊社にとって今年最後のツアーが本日出発。2016年は101コースを企画し、81本が催行決定。おかげさまで今年も何とか目標の<ツアー催行率80%以上>を達成した。

この日誌のサブタイトルに『お客様に対する究極のサービスは、最上のツアーを出来る限り安価に提供すること』とあるが、それに加えて催行率が100%となる事が理想だ。せっかく弊社のツアーを選んで頂いたにも関わらず、出発の1か月前に中止決定ではあまりに申し訳ない。来年はさらに催行率のアップを図るべく頑張りたい。もちろんツアー価格についても長い旅行業界経験を生かし、よりリーズナブルなものをお届けしたい。

さて、来年は1月5日からの営業です。皆様どうかよいお年をお迎えください。
  2016/12/26

TOKTOKを埋めた熱い想い
拡大 拡大

昨日の東京新聞朝刊<TOKTOK>欄はSMAPファンからのメッセージで溢れていた。

この欄は3行540円、4行目以降は追加1行216円で東京新聞が読者に提供しており、誌面を占拠した熱いメッセージは、彼らのベストアルバム「SMAP25YEARS」の発売日に合わせてのものだ。ファンクラブの人数では嵐に大きく差をつけられているSMAPだが、広く国民全体に知名度調査を行なったとすれば、間違いなく日本一のグループだと言えよう。

そんな彼らが20年も続いた冠番組の最終回に生出演しないと言うニュースが、今朝の情報番組で流れていた。解散の真相を知る由もないが、マスコミ報道が本当であれば、私のような経営者の立場で言えば、木村氏を支持したい。人を育て世に出す為に会社がどれだけの投資を行なっているのか。そして彼らの傍らに何人のスタッフが関わっているのか。

あとは紅白歌合戦へのサプライズ出演に期待したい。TOKTOKを埋めたファンのためにも。
  2016/12/22

恒例となった第九コーラスに感動!
昨日は藝大奏楽堂にて行なわれた第九公演に3年連続でコーラス団の一員として参加。

そしてその出来栄えは文句なしにこれまでで一番。それを成し遂げたのは英国人マエストロ、ドミニク・ウィーラー氏の人を動かす魔力だ。一流の指揮者ってこんなに個々の潜在能力を引き出せるのかを身を持って体験出来た。直前練習ではLとRの発音や表現力の無さを何度も指摘されたのだが、本番では皆が持てる以上の力を出し切った。そして藝大フィルの演奏も彼の魔法でより躍動感が加わって、感動的な見事な演奏だった。

もちろん我々合唱団を3年間、熱血的な指導で根気よく引っ張って下さった酒井敦・東京藝大准教授の力でもある。普段行っている講演や講義といった仕事は完全な個人プレーだが、大勢で造り上げるベートーベンの第九の魅力は、それらとは全く違った達成感だ。

終わった瞬間の客席からの「ブラボー!」の声と、鳴り止まぬ拍手に泣きそうになった。

※写真は前日行なわれたゲネプロ(リハーサル)のもの。本番はもちろん撮影禁止だ。
拡大 拡大
  2016/12/19

円安で弊社海外ツアーがお得???
先日のアメリカの利上げ発表とトランプ効果で急激な円安が進んでいる。

旅行業界は輸入産業と同じなので円安に振れると仕入れ値が高くなる。弊社のように薄利で商いを行なっている場合は尚更だ。原油価格も産油国間による生産調整の合意で上がってきた。JAL もANAも2月以降は再び燃油サーチャージの徴収を発表。燃油を含めた全ての諸費用をツアー価格に含めている弊社にとってはこちらもマイナス要因だ。

だがお客様の立場で考えれば、今現在発表されている燃油諸費用込みの海外ツアーはとってもお買い得だとも言える。各社ともに4月以降の商品は値上げしてくるだろう。が、弊社はすでに9月出発分まで発表済みだ。という事は来年9月までの弊社ツアーはとってもお得だと自信を持って言えるだろう。すでに満席のツアーもあるがぜひ検討頂きたい。

それにしても3か月前には100円だったドル相場が今や118円。あまりに急激すぎる。

※9月出発のツアーをご覧になるにはトップページの<更新情報>をクリックし、ツアー一覧をスクロールして下段をご覧ください。現在海外ツアー3本を発表済みです。
  2016/12/16

吉良邸討ち入りの真実?
拡大

今夜は忠臣蔵で有名な討ち入りから314年目。先日、大石神社を訪ねたばかりだ。

週末に放送された、『古舘トーキングヒストリー〜忠臣蔵、吉良邸討ち入り完全実況〜』という番組を見た。予告を見る限りでは単にいつもの忠臣蔵の名シーンに、彼のプロレス中継風のアナウンスが入るだけの内容かと思いきや、歴史学者の磯田道史氏の解説も交え、後の歌舞伎や映画の演出によって変えられたお馴染みの吉良邸討ち入りシーンの真実を細かく分析しており、とても興味深かった。

例えば討ち入り開始の合図に陣太鼓は打ち鳴らされなかったとか、吉良上野介が隠れていたのは屋敷裏の炭小屋ではなく、台所横の物置であり、大石内蔵助が自害を促すというのも作り話で、実際には人の気配を感じた間十次郎が適当に刺した槍によって殺害されたとか。真実を知れば知るほど歴史は面白い。今後も本能寺の変など、あらゆる名場面の真実に迫る企画を立てて欲しいものだ。

さて、弊社ツア−も年内出発は残すところ4本。28日からは年末年始のお休みとなる。
  2016/12/14

おかげさまで満席のインドツアー
今日から毎年この時期恒例のインドツアーが出発、今回も定員15名に対し満席である。

海外ツアーで15名は多いのでは?とのご指摘もあるだろう。だが探鳥地は比較的開けた場所が多く、観察や撮影に於いてストレスを感じる事は少ない。また保護区でのジープサファリには全員が不公平なく観察出来るよう、大型のサファリカーをご用意、好評だ。しかもインドは宗教の関係もあり、鳥があまり人を恐れないのでありがたい。

道路も毎年整備が進み移動時間も短くなってきた。来年も必ず行ないますのでぜひ!

拡大 拡大
  2016/12/07

何だか癒される鳥の正面顔
この度、弊社バードガイドも務める♪鳥くん(永井真人さん)が、正面から写した鳥の姿だけを集めた写真集『鳥の正面顔』を出版した。<玄光社発行・定価1600円税別>

愛くるしい顔、ブサカワな顔、ひょうきんな顔、かっこいい顔、色っぽい顔…。こうやって並べてみると、何だかとっても人間的な表情もあり、鳥好きな方はもちろん、ネコ派の方も、イヌ派の方も、眺めるたびに、鳥があなたを見つめ、何だかとっても癒されます。
ではここからは♪鳥くん本人からのメッセージを!

「トリーす!♪鳥くん9冊目の著書にして、初の写真集「鳥の正面顔」。これでもかと172種類の野鳥の正面顔を掲載しました。ぱらぱらとめくって癒されたり、じっくり眺めたり、お気に入りの正面顔を見つけたりして、バードレナリンをどばどバード出しちゃってください。一人でも多くの人に、鳥の魅力が伝われば幸いです。コンパクトサイズなので、クリスマスプレゼントにも。是非!」

この本の帯を書いた、の鳥好きアイドル高柳明音さん(SKE48)もツイッターで紹介中。
※高柳さんの肖像権については♪鳥くんを通じて了解を頂いています。
https://twitter.com/akane29_o8o/status/803984886058995712

拡大 拡大 拡大
  2016/12/05

驚きの無料サービスに対するクレーム
拡大

先日帰省した際に何気なく見た、「カンテレ通信」という日曜朝の番組に考えさせられた。

関西テレビの番組に対する視聴者からのご意見にコメンテーターが同調し、アナウンサーが謝罪するという内容なのだが、例えば、「字幕放送の字が喋っている人の顔に被さって不快だ」とのクレーム。製作者側の回答は「録画番組は予め画面に合わせて字幕の位置を変えられるが、生放送の場合は話し手の位置がわからず難しい。だが、そうならないよう引き続き研究、努力を重ねたい」…だが字幕放送は難聴者の方の為に行なうテレビ局側のサービスだ。しかも民放なので無料である。嫌なら見なければいいだけの話だ。

我が業界でも理不尽なクレーマーは増えており、優秀な人材が嫌気をさして辞めて行くという現実があるらしい。お客様の為にと思って行ったサービスが裏目に出ることもある。これは我々の業界が長い間、お客様を甘やかしてしまった結果とも言えるかもしれない。
  2016/12/01


Y Bird All rights reserved.