社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
季節外れの台風接近中
誰のための衆議院選挙?
ドラマロス
大成功に終わった福江島ツアー
関門海峡を望む宿から
大分、山口講演出張中
3連休利用の白樺峠が無事に終了!
大型客船の旅が進行中
9月10月のツアーは11本、講演は5本。
今シーズンも第九に挑戦
大成功に終わった福江島ツアー (0)
関門海峡を望む宿から (0)
大分、山口講演出張中 (0)
3連休利用の白樺峠が無事に終了! (0)
大型客船の旅が進行中 (0)
9月10月のツアーは11本、講演は5本。 (0)
2017 年 10 月 (3)
2017 年 09 月 (6)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (6)
2017 年 06 月 (7)
2017 年 05 月 (8)
2017 年 04 月 (7)
2017 年 03 月 (6)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (7)
<<  2017年10月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
管理用
大成功に終わった福江島ツアー
福江島ツアーを終えた中野から「とても素晴らしかった」との報告を受けた。帰路の航空機の運休が早朝に判明するというアクシデントもあったが、そこは弊社自慢の24時間旅程管理後方支援システム(実は私の事です)が適切に対応したので事なきを得た。

福江島は日本で繁殖したハチクマが、中国に渡る途中に立ち寄る最後の島。ここから先は3日間、海上を不眠不休の壮烈な旅となる。そのため彼らは十分に栄養を補給し、渡りに適した風を待つ。そして遥か昔、遣唐使船は大阪を出て、瀬戸内海、九州へと渡り、この福江島で唐へ向かう最後の風待ちを行なった。島の北西部には空海が書物に残した言葉「辞本涯」を記した石碑が建てられている。遣唐使として派遣された多くの若者たちもまた、ハチクマと同じく東シナ海を渡る途中で命を落としてきたのだ。

天候や風に一喜一憂する秋のタカ渡りツアー。命懸けの姿が人に感動を与える。

拡大 拡大
  2017/09/29

関門海峡を望む宿から
大分&山口講演出張も5日目。明日の講演会場となる下関グランドホテルに到着した。

目の前の関門海峡には大小さまざまな船が行き交い、対岸の門司港にはシルバーシークルーズの「SILVER DISCOVERER」が停泊。そして目の前の岸壁は関門連絡船乗り場、さらには近くに自衛艦が停泊と、船好きにはたまらない場所。船と言えば、弊社の北太平洋クルーズも16日間の航海を終え、昨日、無事に横浜港に戻ってきたようだ。

そして今日、取材で立ち寄った火の山展望台でタカ渡りの観察をされていたバードウォッチャーの方々にお目にかかった。自己紹介すると嬉しい事に弊社の事を知っておられたようで、ホームページも見て下さっているようだ。今、全国でタカ渡りのピークシーズン。弊社がツアー中の白樺峠でも、今日はかなりの数が飛んでくれたようだ。この後も福江島、伊良湖と続くが、良い結果が待っているよう祈るしかない。

さて、今夜は名物のふく料理でも頂き、明日に備えよう。私も良い結果を出さねば。

拡大 拡大 拡大 拡大
  2017/09/24

大分、山口講演出張中
大分県&山口県への出張、4日目。昨日は大分市内のオアシスタワーホテルで講演した。80名を越える大勢の方々に聴いて頂き、私自身も充実した時間を過ごす事が出来た。来週月曜日は下関での講演。再び楽しんで頂けるよう準備を怠らず、全力を尽くしたい。

拡大 拡大
  2017/09/23

3連休利用の白樺峠が無事に終了!
3連休を利用して実施した「タカが渡る!白樺峠と乗鞍畳平」が無事に終了した。

出発3日前頃から台風の進路が本州直撃と予想されはじめ、ご参加のお客様の一部から中止すべきではとのご意見も頂いたこのツアーだが、2日前の時点で出発日当日のJR運行が確実な事、そして18日には台風一過の晴れ渡る空に舞い上がるタカが見られる可能性が高いと予想し、安全に配慮しつつ予定通り実施する事に決めた。果たしてその結果は…。

ツアー初日の午前中は晴れ、午後から雲行きが怪しくなる。それでも向かった乗鞍畳平ではホシガラスが数多く見られ、主役のライチョウも親子で現れ、30分もの間、じっくり観察する事が出来たようだ。宿への帰り際にはイワヒバリも現れ、満点の結果に。

2日目は台風接近のため、宿周辺で探鳥。但し風雨のピークは運良く皆が寝静まった時間帯。そして3日目は朝11時頃までは霧が残っていたものの、霧が晴れた途端にハチクマ、サシバが飛び出し、何とかタカ渡り観察ツアーの看板は守れたようだ。一昨年から往路の電車を1本早く、帰路の電車を1本遅くと観察時間を長くとったのも幸いした。

今回、とても残念だったのはお客様22名のうち、13名もの方々が直前にキャンセルされた事。もちろん既定の取消料は頂いたがそれでもツアーは赤字だ。前にも書いたかもしれないが、消費者保護を目的に作られた標準旅行業約款に準じた取消料では、損失はとても補填出来ない。だがそれに従うしかないのはもとより覚悟のうえ。バス会社や旅館に対して自然観察のツアーだから取消料なしにして欲しいとは言いたくない。

何はともあれ弊社を信じてご参加頂いた9名のお客様にご満足頂けたのが何よりである。さて、私は明日から福島県、大分県、山口県と講演の旅に出かけます。
  2017/09/18

大型客船の旅が進行中
拡大

弊社では今、「憧れの海鳥を求めて!大型クルーズ船で行く北太平洋横断の旅」という長いタイトルのツアーが進行中だ。現在、船はアラスカ沖を西に向かっている。

写真はバンクーバーのホテル到着時の案内ボード。半日で60種以上の鳥を観察したようだ。1泊した後、翌日午前中の市内探鳥後、16日間に及ぶクルーズ客船での旅が始まった。お客様の中には鳥の世界ではかなり有名な方々もおられ、その成果に期待したい。

すでに来年9月13日発のツアー募集を開始、現在4名のお客様よりご予約を頂いている。
  2017/09/12

9月10月のツアーは11本、講演は5本。
早くも9月。弊社ツアーも本格スタート、9月と10月で11本が催行決定済みだ。

そして私自身のもうひとつの仕事も再びスタートだ。今月はいわき市、大分市、下関市の3か所で、来月は富山市と長野県下伊那郡での講演の仕事が決まっている。今年の講演数はこれらを加えるとすでに昨年の2倍以上となり、観光産業がいかに期待されているかがわかる。だが観光客のマナー問題も各地で指摘されるようになり、許容量を越えると軋轢も出てくる。とくに外国人観光客増加の恩恵を直接受けない人にとっては深刻だ。

だがインバウンド増加の道はもはや変えられない。逆に日本の人口が減ってゆく将来、ますます必要とされる。私自身の講演活動が少しでもその一助になれれば幸せだ。
  2017/09/05


Y Bird All rights reserved.