社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
明珍火箸風鈴 
今月は再び先生生活
久しぶりの仲の神島ツアー
南北首脳会談に寄せて
謙虚な観光都市、宮崎へ
中野は奄美から見島へ。私は滋賀から宮崎へ。
琵琶湖を満喫!
野鳥写真館の写真が100枚に!
アホウドリが17羽、大盛り上がりの八丈島航路
何かと忙しい日々が続きます。
南北首脳会談に寄せて (0)
謙虚な観光都市、宮崎へ (0)
中野は奄美から見島へ。私は滋賀から宮崎へ。 (0)
琵琶湖を満喫! (0)
野鳥写真館の写真が100枚に! (0)
アホウドリが17羽、大盛り上がりの八丈島航路 (0)
2018 年 05 月 (3)
2018 年 04 月 (6)
2018 年 03 月 (6)
2018 年 02 月 (5)
2018 年 01 月 (7)
2017 年 12 月 (6)
2017 年 11 月 (6)
2017 年 10 月 (6)
2017 年 09 月 (6)
2017 年 08 月 (4)
<<  2018年05月  >>
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
管理用
明珍火箸風鈴 
総合旅行業務取扱管理者講習の仕事も半分終わり、今日は午後から広島入りだ。

そんな中、空いた日を利用して日本橋高島屋で行われた『この道ひとすじ〜日本の伝統展』を見に行った。目的は出展者のひとつ、明珍本舗の明珍夫妻と再会するためだ。

明珍本舗は我が故郷・姫路にあり、しかも私が幼い頃に住んでいた家の向かい側。但しそれを知ったのは明珍本舗が産み出した『明珍火箸風鈴』が有名になりTVなどで取り上げられるようになってからだ。そこで帰省の際に工房に立ち寄り、火箸を買い求めたのが知り合った縁。まさか自身が子供の頃よく遊んでいた近くに平安時代から続く甲冑師の家があったことを、50年も経ってから知るなんて恥ずかしい限りである。

3本の火箸が織りなす風鈴の音は繊細で本当に美しい。まさに故郷の音色といえる。

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大
  2018/05/22

今月は再び先生生活
前にも書いたように今月は旅行業界唯一の国家資格『総合旅行業務取扱管理者』の業界向け試験に備えた講義があり、今はその準備で忙しい。私は3科目を担当しており、今年は東京会場以外にも横浜、札幌、広島へと赴く。受講者は皆、自身の将来がかかっており真剣だ。そんな彼らの合格の為に、今年も精魂込めた授業を行いたい。
  2018/05/08

久しぶりの仲の神島ツアー
拡大 拡大

ずいぶんと久しぶりに企画した仲の神島ツアー、おかげ様であと1名様にて満席となる。

仲の神島(うがんじま)は八重山諸島の西表島南西約15Kmに浮かぶ無人島で、海鳥の一大繁殖地となっている。上陸は禁止されており船をチャーターし、風下に停泊して船上から観察を行うのだが、私自身、過去に2度行っており、船から海に飛び込みシュノーケリングしながら海鳥観察をしたことが懐かしい。もちろん海中は熱帯魚の世界だ。

他のツアーも好調でとくに海外は8月のケアンズや9月のボルネオが残席僅か、11月のシンガポールはすでに満席に。来月には新たなコースを含め続々と発表します。
  2018/05/01


Y Bird All rights reserved.