社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
JATA総会
今日は松本で講演会
来年3月までのツアー掲載を完了!
JATA役員選考委員会
今日から札幌
明珍火箸風鈴 
今月は再び先生生活
久しぶりの仲の神島ツアー
南北首脳会談に寄せて
謙虚な観光都市、宮崎へ
今日から札幌 (0)
明珍火箸風鈴  (0)
今月は再び先生生活 (0)
久しぶりの仲の神島ツアー (0)
2018 年 06 月 (4)
2018 年 05 月 (4)
2018 年 04 月 (6)
2018 年 03 月 (6)
2018 年 02 月 (5)
2018 年 01 月 (7)
2017 年 12 月 (6)
2017 年 11 月 (6)
2017 年 10 月 (6)
2017 年 09 月 (6)
<<  2018年06月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
管理用
JATA総会
拡大 拡大

昨日は弊社も会員となっている日本旅行業協会の総会が大手町の経団連会館にて行われ、私も役員選考委員という立場で出席、お役目を無事に果たすことが出来た。

来賓の顔ぶれとしては田村観光庁長官はもちろんのこと、石井国土交通大臣、菅官房長官、二階自民党幹事長など、お馴染みの方々が並んだ。だが皆さん相変わらず訪日観光客増加の話が中心で、2020年の年間4000万人突破も目前だとか。とくに官房長官は自ら陣頭指揮をとって来られたせいもあり成果を上げていることにご満悦のご様子だ。

弊社にもインバウンドの話は来るが、冬の道東に需要が集中している点や、私が阪急交通社を辞めた当時の外国人旅行部担当者との約束もあり、積極的には取り組んでいない。だが今はインバウンド誘致に熱心な地方での講演が増えており、間接的にはその恩恵に預かっている。そして今後は量より質が求められるのは言うまでもない。

さて、今夜は経営塾の仲間が還暦祝いを開いてくれるとか。まだまだ頑張ります。
  2018/06/22

今日は松本で講演会
今日は松本市で講演を行なった。不明瞭な松本城の入場料や、到着客に不親切?な松本空港など、ちょっと辛口の話になったが皆さんに喜んで頂けたようで一安心だ。

それ相応の講演料を頂いて人前で話す以上は、自身が実際に見て体験した事しか話せない。従って講演にあたっては必ず前日までに現地入りし、取材で撮影した写真を講演直前ギリギリまでパワポに落とし込んで本番に臨んでいる。例えば「観光で地域つくり〜旅のプロからのアドバイス」というタイトルで50回以上の講演会を行ってきたが、その50回すべてが違う内容なのだ。こんな過酷な作業がいつまで続けられるかわからないが、お声がけ頂ける限り頑張りたい。講演活動は今や私のライフワークとなった。

来週も再び中央線特急の旅となる。行き先は少しだけ近くなるが諏訪市である。

拡大 拡大 拡大 拡大
  2018/06/18

来年3月までのツアー掲載を完了!
一部を除き、来年3月出発分までの海外・国内コースのホームページ掲載を完了した。

弊社では永く続けてきた既存のコ−スの大幅リニューアルを進めているが、今回は10月の北海道ツアーに室蘭を、佐渡島ツアーには佐潟、瓢湖、福島潟を新たに追加。11月の伊豆沼ツアーには裏磐梯を加えた。さらには大人気の冬の九州縦断ツアー(1月出発)は諫早湾と球磨川上流を組み込んだ4日間コースに変更。すべて事前下見を終えている。また新コースとして日光及び諏訪方面への1泊2日のバスツアーを企画した。

海外ツアーのトピックとしては、9年前から毎年弊社タイツアーを案内し続けている人気のバードガイド2名に、彼らの一言一句を同時通訳する、探鳥ツアーに精通した経験豊かな女性添乗員が同行する新シリーズがスタート。12月出発のタイ南部、1月出発のタイ中部、3月出発のタイ南部と3本のラインアップだ。他にカンボジアへのツアーも用意した。また現地日本人バードガイドの露木さんが案内する人気のコスタリカに中野が同行。2名で案内する贅沢なツアーとなった。どれもこれもが自信作である。

これらのツアーを網羅した新しいワイバード通信は7月上旬に完成するが、すでにいくつものご予約を頂いている。少人数限定のコースが多いので、とりあえず仮押さえ的なご予約は本当に困りものだが、本気のご参加表明はぜひお早めに!
  2018/06/11

JATA役員選考委員会
昨日は日本旅行業協会の役員選考委員会に出席。委員を仰せつかって3年目となる。

協会の役員枠は25名で、現在は23名。大手旅行会社の社長が名を連ねる中で、弊社も所属する「旅の専門店連合会」のメンバーが数名含まれている事はとても嬉しい。経営塾の同期の活躍も誇りに思う。最近はジャパネットに代表されるように異業種からの旅行業参入も多く、旧態依然の業界に新たな風を吹き入れて欲しいものだ。旅行業は将来AIに乗っ取られる可能性が薄いと思われる数少ない業種である。私自身、アルバイト時代から数えれば40年以上もお世話になっているこの業界の衰退は見たくない。

年に2回の会議に出席するだけの名ばかりの選考委員ではあるが、役割を果たしたい。
  2018/06/06


Y Bird All rights reserved.