社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
ワイバード通信2019年春夏号が完成!
頑張れ!有働さん
頑張れ!日本航空
新しいワイバード通信の制作を開始
2月の諏訪ツアーが大人気
昨年比25%UPの予約率
人気のタイツアー、ご予約はお早めに!
消費税UPが正式決定!
西之島でアオツラカツオドリを観察
粟島ツアーは台風で中止
頑張れ!日本航空 (0)
新しいワイバード通信の制作を開始 (0)
2月の諏訪ツアーが大人気 (0)
2018 年 12 月 (2)
2018 年 11 月 (3)
2018 年 10 月 (6)
2018 年 09 月 (5)
2018 年 08 月 (5)
2018 年 07 月 (6)
2018 年 06 月 (6)
2018 年 05 月 (4)
2018 年 04 月 (6)
2018 年 03 月 (6)
<<  2018年12月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----
管理用
高速バスを使いこなしたい
前回、LCCの話を書いたが今度は海外での都市間を結ぶ、高速バスについての話だ。

LCCが大きく伸びた要因のひとつがネットでの予約と決済の軽減化だが、高速バスについても同じ事が言える。出発前に予約が出来て、スーツケースでの移動が楽、しかも安価な高速バスは今や個人旅行の必須アイテムだ。座席も広くWi-Fiも繋がり快適である。また終点まで乗る事が多いので、鉄道のようにうっかり寝過ごすなんて事もない、但しバスターミナルが日本のように鉄道駅に隣接していない事が多いのはやや不便だが。

最近再び個人旅行ブームだが、熟年層を中心にLCCや高速バスの予約を自身で行わず、手数料を支払ってでも敢えて旅行会社に依頼するケースが増えているらしい。その理由は遅延や欠航などの際にそのリスクを自身で負わず、旅行会社に頼ろうというものだ。

台風が接近している。多くの同業者たちが航空便等の振替え作業に忙しい事だろう。

拡大 拡大 拡大 拡大
  2018/09/28

意外と空いているLCCの非常口座席
拡大 拡大

国内線、国際線共にLCCの便数が増え、プライベートな旅行や出張の帰路で利用する機会が増えたが、問題は座席の狭さ。横幅は同じだがシートピッチがかなり狭くて辛い。

が、国内線なら僅か1,000円、国際線でも2,000円支払うだけで、FSCの通常座席よりも広い最前列或いは非常口座席に座る事が可能だ。とくに非常口座席は特質上、どの航空会社でも広さは同じ。しかもなぜか直前でも空いており、隣席に誰も座って来ない事も多い。おそらくLCCを選ぶ殆どの利用客が1円でも安く乗りたいという層だからだ。

逆にFSCの場合、これらの席はその航空会社の上級会員に優先して振り分けられる。LCCの良さはまだまだ意外と知られていない。但しツアーでの利用は難しいのだが。

※FSC=フルサービスキャリア。LCC(ローコストキャリア)以外の航空会社を指す。
  2018/09/26

おかげさまで15期決算も黒字です。
弊社は7月末が決算。現在プロに集計依頼中だが、第15期も何とか黒字決算のようだ。

現在、来年5月から7月出発分のツアーを造成中。黒字が続く感謝を込めて、旅行費用を当初の予定価格よりも若干お安くご提供したいと考えている。今月中には5月出発分のほぼ全コースを、来月半ばまでには6月分を、11月には7月分を発表したい。

とくに海外ツアーのご予約が順調。数が少ないせいもあるが、現在発表済みの13コース(追加設定は除く)のうち10コースが催行決定済み。うち7コースはすでに満席だ。
  2018/09/18

今年も第九練習の日々がやってきた!
9月も半ばとなり、恒例となったベートーベン第九の合唱練習の日々がはじまった。

今シーズンも12月2日に大阪城ホールで行われる「サントリー10000人の第九」を皮切りに、12月16日、東京藝大奏楽堂で行う「下町で第九」公演、そして最後は来年2月17日の「国技館5000人の第九コンサート」と3つのステージで歌わせて頂くことに。とくに僅か200人の小編成で藝大フィルと共に舞台に立つ「下町で第九」は今年で5回目。今回のマエストロは澤学長が務めるとあって、合唱指導の先生にも気合いが入る。

写真は昨夜行われた5000人コンサートの発会式。青木エマさんの歌に酔いしれた。

拡大
  2018/09/11

東海汽船にて講演会
拡大 拡大

昨日は弊社取引先でもある東海汽船の社内研修会の講師として、本社会議室にて旅行業界の現状や今後、伊豆諸島の観光促進について様々な角度からお話させて頂いた。

近畿地方を直撃した台風による関西空港の閉鎖、地震による千歳空港の被害など、航空業界は過去に例を見ない大打撃を受けているが、東海汽船もまた、度重なる台風による欠航が相次いだ。講演後、山崎社長をはじめ多くの方々とお話させて頂いたが、安全が何よりも最優先されるという公共交通機関としての責任感の強さが感じられた。

思えば北海道市町村会の講演で札幌に赴いたのは僅か1か月前の事だ。震度7を記録した厚真町の近藤副町長様にもお越し頂いた。1日も早い被災者の救助と復興を祈りたい。
  2018/09/07


Y Bird All rights reserved.