社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
西之島でアオツラカツオドリを観察
粟島ツアーは台風で中止
地下鉄と路面電車
高速バスを使いこなしたい
意外と空いているLCCの非常口座席
おかげさまで15期決算も黒字です。
今年も第九練習の日々がやってきた!
東海汽船にて講演会
久しぶりの旅程管理研修
横浜中華街の夜
高速バスを使いこなしたい (0)
意外と空いているLCCの非常口座席 (0)
おかげさまで15期決算も黒字です。 (0)
今年も第九練習の日々がやってきた! (0)
東海汽船にて講演会 (0)
2018 年 10 月 (3)
2018 年 09 月 (5)
2018 年 08 月 (5)
2018 年 07 月 (6)
2018 年 06 月 (6)
2018 年 05 月 (4)
2018 年 04 月 (6)
2018 年 03 月 (6)
2018 年 02 月 (5)
2018 年 01 月 (7)
<<  2018年10月  >>
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---
管理用
西之島でアオツラカツオドリを観察
昨日、弊社ツアーでは小笠原海運の特別航路を利用し、西之島の沖合を周回した。

ツアー担当ガイドの中村咲子さんからの報告では天気も良く、数多くのアオツラカツオドリを見る事が出来たとか。5年前から続く噴火活動で面積が見る見る大きくなった西之島だが、心配された海鳥たちも、再び島で繁殖するために戻っている事が確認された。

ガイド自身はお客様へのご案内が優先されるため、ややピンの合わない写真しか撮れなかったようだが、ご参加頂いたお客様のレンズはきっと厳しい自然の中、舞い戻ってきた彼らの姿を捉えた事だろう。西之島の今後を弊社では引き続き見守って行きたい。

本ツアーは今日から固有種メグロを求めて母島へ。竹芝桟橋には17日に帰ってくる。

拡大 拡大 拡大 拡大
  2018/10/15

粟島ツアーは台風で中止
拡大 拡大

昨日までの3連休を利用した粟島へのツアーは台風の接近で残念ながら中止となった。弊社では通常、出発前日の午後4時(夜行発の航路ツアーは当日の午後4時)までに中止の判断をするのだが、今回は台風の進路がほぼ確定した時点で早々に断念することに。

思えば今年は創業以来最も台風の影響を受けた年と言える。そして来年以降もこの傾向は益々顕著になるようだ。離島ツアーはこういったリスクを全て引き受けたうえで企画するしかないのだろう。あとは少しでも様々なリスクを減らす工夫をするのみだ。

例えば今回の台風接近の時化の中、フェリーの粟島便は何とか運航されたが、飛島を含む高速船は欠航。しかも飛島航路の欠航率は上がる一方だ。そこで来春は思い切って飛島の実施は諦め、粟島は往復フェリー利用とした。タイミングよく来年4月20日からは新造船「フェリーニューあわしま」が就航。さらに欠航率が下がる事を期待したい。

さて、12日からの西之島ツアーは低気圧の影響のない穏やかな航海であってほしい。
  2018/10/09

地下鉄と路面電車
拡大 拡大 拡大 拡大

個人旅行の強い味方としてLCC、高速バスと続けたが、最後は地下鉄と路面電車だ。

路線バスは郊外であればいざ知らず、都心は経路が複雑でなかなか乗りこなすのは至難の業。だが地下鉄や路面電車は比較的ハードルが低い。しかも従来は切符を買ったり運賃を払ったりが面倒だったが、今はICカードが主流の時代。路線図とカードさえ手に入れれば何とかなる。難点はカード発行に手数料がかかる事だが、逆にカード利用で割引になる事が多く、数日間滞在するのであれば間違いなくお得で便利。しかも若干でも残高がある状態で帰国した場合、また再びその場所を訪れようという動機にもなる。

秋は渡りのシーズン。人間もどこか旅に出たくなるのはDNAがもたらす感情なのか。
  2018/10/02


Y Bird All rights reserved.