社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
同級生が還暦でCDデビュー
3本すべて赤い鳥を参加者全員が観察
新コースもリニューアルコースも順調!
憧れの南極探検クルーズにぜひ!
球磨川上流でヤマセミを観察
メディアリテラシー
今年も新年互礼会に参加
新年あけましておめでとうございます。
ちょっと早いですが…
今年の下町第九は大成功!
憧れの南極探検クルーズにぜひ! (0)
球磨川上流でヤマセミを観察 (0)
メディアリテラシー (0)
今年も新年互礼会に参加 (0)
新年あけましておめでとうございます。 (0)
2019 年 02 月 (3)
2019 年 01 月 (5)
2018 年 12 月 (4)
2018 年 11 月 (3)
2018 年 10 月 (6)
2018 年 09 月 (5)
2018 年 08 月 (5)
2018 年 07 月 (6)
2018 年 06 月 (6)
2018 年 05 月 (4)
<<  2019年02月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728--
管理用
頑張れ!日本航空
拡大 拡大

ロンドン発のJAL便副操縦士による酒気帯び操縦事件に禁固10ヵ月という重い判決が。

またこの件で国交省から厳重注意を受けたJAL系6社は操縦士の飲酒制限を、従来の12時間前から24時間前と大幅に拡大した。時差が大きい区間を飛ぶパイロットにとって適度な飲酒は安眠に繋がるので、この決定は気の毒。今後は睡眠不足状態の乗組員が増えるのではと余計な心配もしてしまう。一人の犯した罪が全体責任に繋がった典型例だ。

JALは飛行中の機内トイレの清掃も細目に行なわれており、夜行便では朝には必ず歯ブラシが、また写真のようにさり気なく折り鶴が置かれている事も。だが丁寧な仕事がアダになる場合もある。先日の福岡行き最終便がオーバーブックで飛べなかったのは、海外の航空会社のようにドライに顧客を切り捨てることが出来なかったのが原因だ。

弊社ツアーはどちらかと言えばANAの利用が多いのだが、個人的にはJALのファンだ。倒産の危機から必死で立ち上がったときの事を再び思い出して奮起してもらいたい。
  2018/11/30

新しいワイバード通信の制作を開始
年2回発行している弊社DM冊子、ワイバード通信2019年春夏号の制作が始まった。

今回は来年8月出発分までのツアーを掲載予定だが、すでに7月出発分まではホームページ上で掲載済みだ。従ってこのようなツアー紹介冊子を作る際の悩みは、お客様の手元に届くときに、すでに掲載コースが満席になってしまうケースが出る事だ。ネットからのご予約が主となった今、これはどうしても避けられない問題なのかもしれない。

これに合わせ来年8月出発のツアーは来月早々には発表する。まだ冬も来ていないのに。
  2018/11/19

2月の諏訪ツアーが大人気
2月出発で設定した新コース「オオマシコとイスカを求めて 冬の諏訪」の人気が凄い。

発表早々に満席となり追加設定するも直ぐに満席。そして今日、再追加設定も満席となった。次は再々追加設定という事になるのだが、さすがにガイドの中野の日程もままならず、今出している3本のキャンセル待ちのお客様が10名を超えたら考えたい。

人気の理由はやはり白い雪景色の中で見る赤いオオマシコとイスカであろうか。もちろん必ず2種が見られるという保証はないのだが、これだけ多くの方々からのご支持を頂いた以上、直前下見はもちろんの事、相当の覚悟をもってツアー運営は行いたい。

写真は中野が撮影したオオマシコ。当日もこのような姿を見せてくれる事を祈りたい。

拡大
  2018/11/14


Y Bird All rights reserved.