社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
4期連続の黒字決算
夏休み小笠原ツアーの報告が届きました。
来年5月末までのツアーをホームページにアップ!
夏休み終了!
来週は弊社夏休み!
賑やかに歓送迎会
吉本の騒動に外野からひとこと
カメラマンの増加はダイビングの現場も同じ
沖縄本島から
石垣島から
来年5月末までのツアーをホームページにアップ! (0)
夏休み終了! (0)
来週は弊社夏休み! (0)
賑やかに歓送迎会 (0)
2019 年 09 月 (2)
2019 年 08 月 (4)
2019 年 07 月 (5)
2019 年 06 月 (5)
2019 年 05 月 (5)
2019 年 04 月 (5)
2019 年 03 月 (4)
2019 年 02 月 (4)
2019 年 01 月 (5)
2018 年 12 月 (4)
<<  2019年09月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930-----
管理用
明日から弊社は10連休となります。
明日から弊社は10連休。その間、ツアーは3本動いているが事務所の営業はお休みだ。

弊社は残業が全く無く、夏季も年末年始も1週間以上の休み。残業、休日返上があたり前の同業他社さんからは「どうしてそんなに休みが可能なの?仕事してるの?」などと聞かれる事があるが、理由は単純明快。弊社ツアーの殆どが自ら企画した「募集型企画旅行」であり、全て弊社側のスケジュールで仕事を進める事が可能だからだ。今春より働き方改革が実施され、各社ともに運用に苦しんでいるが弊社には他人事である。

さて、これが平成最後の日誌となる。来る令和が平和な世となるよう祈りたい。
  2019/04/26

キビタキだらけの山口県見島
山口県見島ツアーから戻った弊社ガイドの中野から「良かった!」との報告が。

先ず、島は渡り途中のキビタキで溢れ、3日間でいったい何羽のキビタキを見ただろうかとの状態だとか。そして島内に良い水場を見つける事が出来、ヤグサメやノゴマ、コイカルなどの小鳥が次々に現れ、大いに楽しめたとのことでお客様も大満足のよう。

さて、今年は10日間連続となるゴールデンウィークを前に、何とか年内出発のツアー全てをホームページ上にアップしたく順次進めている。どうか宜しくお願いします。
  2019/04/23

JALグローバルのプレミアム感?
拡大

毎年恒例となったJATA関西支部の新入社員研修の仕事を終え、昨夜、大阪から戻った。

今年こそ何とかJALグローバルクラブ加入の資格を得たいと、今回の出張もJALにて羽田〜伊丹を往復したのだが、ビジネス路線という事もあって、上級会員の利用がもの凄く多い。なぜわかるかと言えば彼らは搭乗時、優先搭乗と言って、一般客より先に機内に案内される。が、最初に呼ばれた<ファーストクラス><ダイヤモンド会員><エメラルド会員><JALグローバルプレミア会員>が、ざっと数えて50名。次に呼ばれた<サファイア会員><JALグローバル会員>が40名。何と航空機の定員252名のB767型機の約3分の1以上が上級会員なのだ。航空会社の顧客囲い込み戦略が成功した例だろう。

「う〜ん、プレミアム感ないな〜」と思ったが、前方座席の優先予約や預け荷物の優先受取、マイル加算など特典は多いので、とりあえずグローバル会員は目指す事にした。
  2019/04/19

焼け落ちた尖塔
今朝起きてテレビをつけたらいきなりノートルダム寺院の尖塔が焼け落ちるシーンが。

パリのノートルダム寺院と言えばあまりに有名で、何もここで解説をするまでもないが、私自身、40年近く前の新人の頃に訪れて以来、何度もお客様を案内した重要な観光スポットでもある。写真は今年5月にも担当する総合旅行業務取扱管理者研修の《主要国の観光》から抜粋したものだが、ゴシック様式の代表的な建造物で、戦火を逃れ残された貴重な財産だ。ナポレオンの戴冠式が行われた場所としても有名だが、近年もポンピドー大統領や、ミッテラン大統領の葬儀が行われ、フランス屈指のカトリック教会だ。

一度壊れたものは二度とは戻らない。だからこそ日々の風景が大切だと改めて感じる。

拡大
  2019/04/16

Uberの良さを実感!
休暇も終わり時差ボケの眠い目をこすりながら、溜まった仕事を片付けている。

今回の旅行で大いに役立ったのがUber(ウーバー)だ。悪く言えば白タクなのだが、登録車が圧倒的に増えたおかげで、スマホを操作した場所に3分とかからず配車され、タクシーの半額以下の金額で確実に目的地に辿り着く事が出来る。以前ご紹介した民泊システムAirbnb(エアービーアンドビー)同様に、サービス提供者とユーザーそれぞれが双方向評価されるため、タクシーよりも快適だというおまけつき。しかも行き先を告げる必要もなければ、面倒な料金交渉も不要だ。

最新の顔認証システムを使った出入国審査の自動化も各国で進んでおり、近年のマネーレスも相まって、個人での海外旅行は今後ますます便利で快適になって行くのだろう。
  2019/04/10


Y Bird All rights reserved.