社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
先ずは現地集合型ツアーを中心に徐々にリスタート!
例年より多い6月のツアー
JATAのお墨付き
6月からのツアー再開を目指して!
緊急事態宣言の延長に対応
業界仲間と共にコロナ危機を乗り切りたい
テレワーク生活も早や1週間
4月出発の全てのツアーを中止します。
青い鳥を求めて気軽な日帰り撮影旅行
ご予約好調なアメリカへの新コース
空港センディング (0)
ガソリン車・ディーゼル車の終焉 (0)
電話によるツアー勧誘 (0)
今回の表紙絵はクマゲラ (0)
年始のツアーは好スタート! (0)
年に一度の雲上人のパーティーに参加 (0)
新年あけましておめでとうございます。 (0)
2018 年 02 月 (5)
2018 年 01 月 (7)
2017 年 12 月 (6)
2017 年 11 月 (6)
2017 年 10 月 (6)
2017 年 09 月 (6)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (6)
2017 年 06 月 (7)
2017 年 05 月 (8)
<<  2020年05月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31------
管理用
ガソリン車・ディーゼル車の終焉
ずいぶんと前にエコツーリズムを論ずる会議の席で、大量の排気ガスを排出するバスを使ったツアーは環境汚染の原因となり、エコとは言えないのでは?との意見が出た。

そんな中、大気汚染軽減のために中国が本気で電気自動車へのシフトに動き出している。それに呼応するかの如くヨーロッパ諸国でも将来的にガソリン・ディーゼル車の販売の禁止を決めた。もっとも中国は発電の70%以上を石炭による火力発電に頼っており、こちらも問題とも思うが、もはやハイブリッド技術で先を走っていた日本は遅れ気味だ。

アジア全般で今、中国製の電動スクーター(E-BIKE)が普及している。最高速度は時速40km程度しか出ないが、電動補助付き自転車よりも安定した走りが出来、しかも免許証もヘルメットも不要、価格も日本円に換算し3〜5万円と安い。運転の荒い車との接触が怖いが、これも将来的には衝突防止の自動ブレーキが普及し、解決されるだろう。

電話線を引かなくてすむ携帯電話が途上国であっと言う間に普及したように、動力部分がシンプルな電気自動車や電動スクーターは充電速度とバッテリー容量の問題が解決されれば、研究が進む自動運転化と併せて、世界中の人々に受け入れられる日も決して遠くない。

拡大
一般 | No.1897 yamamoto 2018/01/22


Next > 空港センディング
Back < 電話によるツアー勧誘

Y Bird All rights reserved.