社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
夏休み小笠原ツアーの報告が届きました。
来年5月末までのツアーをホームページにアップ!
夏休み終了!
来週は弊社夏休み!
賑やかに歓送迎会
吉本の騒動に外野からひとこと
カメラマンの増加はダイビングの現場も同じ
沖縄本島から
石垣島から
大成功だった小笠原ツアー
今日から札幌 (0)
明珍火箸風鈴  (0)
今月は再び先生生活 (0)
久しぶりの仲の神島ツアー (0)
2018 年 06 月 (6)
2018 年 05 月 (4)
2018 年 04 月 (6)
2018 年 03 月 (6)
2018 年 02 月 (5)
2018 年 01 月 (7)
2017 年 12 月 (6)
2017 年 11 月 (6)
2017 年 10 月 (6)
2017 年 09 月 (6)
<<  2019年09月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930-----
管理用
明珍火箸風鈴 
総合旅行業務取扱管理者講習の仕事も半分終わり、今日は午後から広島入りだ。

そんな中、空いた日を利用して日本橋高島屋で行われた『この道ひとすじ〜日本の伝統展』を見に行った。目的は出展者のひとつ、明珍本舗の明珍夫妻と再会するためだ。

明珍本舗は我が故郷・姫路にあり、しかも私が幼い頃に住んでいた家の向かい側。但しそれを知ったのは明珍本舗が産み出した『明珍火箸風鈴』が有名になりTVなどで取り上げられるようになってからだ。そこで帰省の際に工房に立ち寄り、火箸を買い求めたのが知り合った縁。まさか自身が子供の頃よく遊んでいた近くに平安時代から続く甲冑師の家があったことを、50年も経ってから知るなんて恥ずかしい限りである。

3本の火箸が織りなす風鈴の音は繊細で本当に美しい。まさに故郷の音色といえる。

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大
一般 | No.1918 yamamoto 2018/05/22


Next > 今日から札幌
Back < 今月は再び先生生活

Y Bird All rights reserved.