社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
おかげさまで予約は順調
集中豪雨の被災地の皆様に心からお見舞い申し上げます
豪雨の金沢から帰ってきました。
諏訪での講演が地元紙に掲載されました。
ワイバード通信2018秋冬号完成!
まだまだ頑張ります!
JATA総会
今日は松本で講演会
来年3月までのツアー掲載を完了!
JATA役員選考委員会
水上温泉、そして熊谷。 (0)
金沢生活3日目 (0)
名古屋から竹芝へ直行! (0)
会社も私もピークシーズン! (0)
熊谷周辺を訪ねてみました。 (0)
9月の北太平洋クルーズで使用する船を訪ねる (0)
本日の飛島航路は欠航〜多くのお客様が延泊を希望 (0)
新たなオーストラリアの旅 (0)
2017 年 06 月 (7)
2017 年 05 月 (8)
2017 年 04 月 (7)
2017 年 03 月 (6)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (7)
2016 年 12 月 (8)
2016 年 11 月 (7)
2016 年 10 月 (6)
2016 年 09 月 (6)
<<  2018年07月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
管理用
新たなオーストラリアの旅
ワイバードオセアニア社がお届けするもうひとつのツアーは砂漠を越えた内陸部だ。

見渡す限りの地平線を望む大平原にはエミューが走り、感動的な夕焼けのシーンの後は、普段は見られない南半球の満天の星が輝く。当たり年にはオウムやインコの驚くほどの大きな群れに出会うだろう。こちらも4WD車利用のため、定員僅か4名様限定となる

実はこのツアーの玄関口となるマウントアイザで35年前、今は無きアンセット航空を利用し、飛行機を乗り換えた事がある。赤茶けた大地の中に突然滑走路が現れ、降り立った隣にはもう1機が待っていた。ターミナルに立ち寄る事無く、そのままその飛行機に乗り換え。後にも先にもこんなシンプルなトランジットは初めての体験だった。

さてそんなおおらかな大地で見られる鳥たちを紹介しよう。順に、アカガシラソリハシセイタカシギ、アカビタイサンショクヒタキ、オナガイヌワシ、カルカドンセスジムシクイ、オカメインコ、セキセイインコだ。インコももちろん野生である。

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大
一般 | No.1843 yamamoto 2017/05/02


Next > 本日の飛島航路は欠航〜多くのお客様が延泊を希望
Back < 新たなオーストラリアの旅

Y Bird All rights reserved.