社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
謙虚な観光都市、宮崎へ
中野は奄美から見島へ。私は滋賀から宮崎へ。
琵琶湖を満喫!
野鳥写真館の写真が100枚に!
アホウドリが17羽、大盛り上がりの八丈島航路
何かと忙しい日々が続きます。
先週末と今週末は海鳥観察ツアー
経営塾OB会で台湾旅行へ
羽田空港社会見学
秋のツアーを造成、続々発表中です。
何かと忙しい日々が続きます。 (0)
先週末と今週末は海鳥観察ツアー (0)
経営塾OB会で台湾旅行へ (0)
羽田空港社会見学 (0)
秋のツアーを造成、続々発表中です。 (0)
たまには人の話を聞こう (0)
2018 年 04 月 (5)
2018 年 03 月 (6)
2018 年 02 月 (5)
2018 年 01 月 (7)
2017 年 12 月 (6)
2017 年 11 月 (6)
2017 年 10 月 (6)
2017 年 09 月 (6)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (6)
<<  2018年04月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930-----
管理用
先週末と今週末は海鳥観察ツアー
拡大

商船三井フェリーの大洗〜苫小牧航路を利用した海鳥観察ツアーを週末に実施した。

北海道への定期航路を利用した海鳥観察の歴史は古く、以前は近海郵船が運航する東京〜釧路航路が定番であった。1996年からは帰路に十勝港にも立ち寄り、私もこの頃に日本野鳥の会神奈川支部探鳥会の添乗員として何度か乗船した事がある。だが残念な事に1999年秋からは貨物専用船に変更、その代替案として野鳥の会に提案したのが大洗〜苫小牧航路である。この話を商船三井フェリーに持ち込んだとき、トラックドライバー以外は誰も乗らない深夜発夕方着便を団体客が利用するという事で、営業マンにずいぶんと感謝された事を思い出す。

そしてワイバード設立直後の2004年1月に「フェリー航路で行く道南」として早速商品化、その後も何度か乗船させてもらった思い入れの強い航路だ。今回のツアーでは途中、予想外の雨に見舞われる事もあったが概ね天候も良く、目的のウトウ、ハシブトウミガラス、コウミスズメやエトロフウミスズメを堪能出来たようだ。とくにエトロフウミスズメは10000羽近い群れと遭遇、また特筆すべきはウミオウムに往復それぞれ4羽、合計8羽も遭遇した事だろうか。船上デッキではお客様同士の会話も弾み、和気藹々と楽しくツアーを進められたとか。

今週末は八丈島航路だ。こちらも神奈川支部の添乗員として20年近く前に乗船したのが最初である。荒波で三宅島にも八丈島にも寄港せず戻ってきた際には全額払い戻しとなり、お客様は大喜びであったが、私は添乗日当も貰えず大損だった事も今では笑い話だ。(今は島に寄港出来る可能性が少ない場合は払い戻しの権利を放棄する条件で乗船と言う事になりました。)
一般 | No.1908 yamamoto 2018/03/26


Next > 何かと忙しい日々が続きます。
Back < 経営塾OB会で台湾旅行へ

Y Bird All rights reserved.