社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
3連休利用の白樺峠が無事に終了!
大型客船の旅が進行中
9月10月のツアーは11本、講演は5本。
今シーズンも第九に挑戦
今週は国内ツアーを2本実施
世界中が旅行客で溢れている
明日から夏休みを頂きます。
明日から弊社は新年度
風情もなく容赦なく降る雨
本当に好きな仕事で収入が得られる幸せ
水上温泉、そして熊谷。 (0)
金沢生活3日目 (0)
名古屋から竹芝へ直行! (0)
会社も私もピークシーズン! (0)
熊谷周辺を訪ねてみました。 (0)
9月の北太平洋クルーズで使用する船を訪ねる (0)
本日の飛島航路は欠航〜多くのお客様が延泊を希望 (0)
新たなオーストラリアの旅 (0)
2017 年 06 月 (7)
2017 年 05 月 (8)
2017 年 04 月 (7)
2017 年 03 月 (6)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (7)
2016 年 12 月 (8)
2016 年 11 月 (7)
2016 年 10 月 (6)
2016 年 09 月 (6)
<<  2017年09月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
管理用
本日の飛島航路は欠航〜多くのお客様が延泊を希望
連休最後の今日、飛島航路の欠航が決まった。低気圧の影響による高波が原因だ。

実は毎年ゴールデンウィークの飛島ツアーは2本連続での実施のため、私が2本目のお客様を酒田までご案内し、ガイドの中野とバトンタッチ。逆に最初のお客様と一緒に帰るという役割分担によって運行している。今回は2本目出発の5月5日の段階で今日と明日の欠航が予め予測出来たので、車内でその旨お伝えし、明日以降お仕事という方々には昨日お帰り頂いた。離島ツアーの欠航リスクはツアーをお申込み頂く段階でお客様にはご説明済みだが、天候理由とはいえ弊社から一方的に中断するのは旅程保証の観点から難しい。従って弊社では帰る残るはお客様の判断に委ね、残る選択をされた方には中野が責任を持ってガイドを続けている。

問題はこのような時のJR切符の変更だ。個人旅行ならネット予約で乗車駅受け取りを選べば解決するが、団体の場合はなかなか難しい。私自身が毎年行なっている国家試験の授業の範囲にJRの規則や運賃計算が含まれているので、その知識はJR職員にも負けないが、飛島航路とJRが連絡運輸扱いでない以上、延泊に伴う実費負担は避けられない。

不可抗力とはいえ、昨日お帰りになられた方々には申し訳ない気持ちでいっぱいだ。写真は5日の車窓から撮った日本海。この日は穏やかだっただけに本当に残念である。一方、島に残る選択をされたお客様からは感謝の言葉を頂いた。しかも2泊延泊プランとしてはお得な価格だ。

拡大 拡大
一般 | No.1844 yamamoto 2017/05/07


Next > 9月の北太平洋クルーズで使用する船を訪ねる
Back < 新たなオーストラリアの旅

Y Bird All rights reserved.