社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
大人の電車ごっこ
ラムサールシンポジウムにて講演
講演その他で地方回りの多かった1年
師走は第九
サンプリンセスで世界一周
東芝の衰退は昭和名残りの終焉
中野さんの新しい本
来秋、新たなツアー化 佐渡島のトキ
入国審査直前の免税店
下伊那郡での講演
明日から弊社は新年度 (0)
風情もなく容赦なく降る雨 (0)
本当に好きな仕事で収入が得られる幸せ (0)
北太平洋クルーズレポートが今月からプチ連載 (0)
驚きのシンガポール人気 (0)
おかげさまでご予約が伸びています。 (0)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (6)
2017 年 06 月 (7)
2017 年 05 月 (8)
2017 年 04 月 (7)
2017 年 03 月 (6)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (7)
2016 年 12 月 (8)
2016 年 11 月 (7)
<<  2017年12月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31------
管理用
風情もなく容赦なく降る雨
拡大拡大

さっきまで晴れていたのに急に雲が広がり暗くなってきた。ひと雨来そうな気配だ。

昔は雨と言えばムード歌謡曲やミュージカルに登場するように、恋の演出をするような風情があった。が、昨今の雨は全くもって容赦なく降り続け、多くの犠牲者を出すほどだ。九州北部の豪雨から3週間、今度は秋田から新潟、富山、石川と日本海側を襲っている。

雨の降り方がおかしいのは日本だけではない。もともと川の水量や流れの早さが半端ではない中国の山岳地帯での地滑り、激しい嵐を伴うアメリカの大洪水、そして穏やかなヨーロッパの河川も氾濫。記録的な大雨という表現がもはや当たり前な状態になってしまった。

子供の頃、父の故郷であり私が産まれた場所でもある兵庫県の千種川上流が氾濫し、県道と家とを繋ぐたった1本の橋が流された事がある。ニュース映像を見ていたら、急流の上に急ごしらえで造られた仮の橋を恐る恐る渡った、幼い時のとても怖かった記憶が蘇ってきた。

亡くなられた方々の恐怖はその何百倍であった事か。心からお悔やみを申し上げます
一般 | No.1862 yamamoto 2017/07/25


Next > 明日から弊社は新年度
Back < 本当に好きな仕事で収入が得られる幸せ

Y Bird All rights reserved.