社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
大人の電車ごっこ
ラムサールシンポジウムにて講演
講演その他で地方回りの多かった1年
師走は第九
サンプリンセスで世界一周
東芝の衰退は昭和名残りの終焉
中野さんの新しい本
来秋、新たなツアー化 佐渡島のトキ
入国審査直前の免税店
下伊那郡での講演
大成功に終わった福江島ツアー (0)
関門海峡を望む宿から (0)
大分、山口講演出張中 (0)
3連休利用の白樺峠が無事に終了! (0)
大型客船の旅が進行中 (0)
9月10月のツアーは11本、講演は5本。 (0)
2017 年 10 月 (6)
2017 年 09 月 (6)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (6)
2017 年 06 月 (7)
2017 年 05 月 (8)
2017 年 04 月 (7)
2017 年 03 月 (6)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (7)
<<  2017年12月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31------
管理用
大成功に終わった福江島ツアー
福江島ツアーを終えた中野から「とても素晴らしかった」との報告を受けた。帰路の航空機の運休が早朝に判明するというアクシデントもあったが、そこは弊社自慢の24時間旅程管理後方支援システム(実は私の事です)が適切に対応したので事なきを得た。

福江島は日本で繁殖したハチクマが、中国に渡る途中に立ち寄る最後の島。ここから先は3日間、海上を不眠不休の壮烈な旅となる。そのため彼らは十分に栄養を補給し、渡りに適した風を待つ。そして遥か昔、遣唐使船は大阪を出て、瀬戸内海、九州へと渡り、この福江島で唐へ向かう最後の風待ちを行なった。島の北西部には空海が書物に残した言葉「辞本涯」を記した石碑が建てられている。遣唐使として派遣された多くの若者たちもまた、ハチクマと同じく東シナ海を渡る途中で命を落としてきたのだ。

天候や風に一喜一憂する秋のタカ渡りツアー。命懸けの姿が人に感動を与える。

拡大 拡大
一般 | No.1873 yamamoto 2017/09/29


Next > ドラマロス
Back < 関門海峡を望む宿から

Y Bird All rights reserved.