社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
先ずは現地集合型ツアーを中心に徐々にリスタート!
例年より多い6月のツアー
JATAのお墨付き
6月からのツアー再開を目指して!
緊急事態宣言の延長に対応
業界仲間と共にコロナ危機を乗り切りたい
テレワーク生活も早や1週間
4月出発の全てのツアーを中止します。
青い鳥を求めて気軽な日帰り撮影旅行
ご予約好調なアメリカへの新コース
吉本の騒動に外野からひとこと (0)
カメラマンの増加はダイビングの現場も同じ (0)
沖縄本島から (0)
石垣島から (0)
大成功だった小笠原ツアー (0)
2019 年 08 月 (4)
2019 年 07 月 (5)
2019 年 06 月 (5)
2019 年 05 月 (5)
2019 年 04 月 (5)
2019 年 03 月 (4)
2019 年 02 月 (4)
2019 年 01 月 (5)
2018 年 12 月 (4)
2018 年 11 月 (3)
<<  2020年05月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31------
管理用
大成功だった小笠原ツアー
拡大 拡大

本日終了した「クロウミツバメとメグロに会いたい!初夏の小笠原」ツアーを担当した中村咲子さんからツアー報告と写真が届いた。目的は達成、大成功だったようだ。

とくに父島からのチャーター船は彼女が1年前から何度も現地に通い、打合せを重ねて実施したもの。ツアーではアナドリ、オナガミズナギドリが何度も近くに現れ、目的のクロウミツバメのポイントで停泊すると、複数の個体が肉眼でフラッシュが見えるほどの距離を飛び交いました。またカツオドリの営巣地では雛の姿も確認、他にもセグロミズナギドリ、シロハラミズナギドリ、クロアジサシにも出会う事が出来たとか。また母島ではメグロの巣立ち雛を見ることが出来、アカガシラカラスバトは父島、母島の両方で観察。ははじま丸からの観察では、アカアシカツオドリを往復共に堪能したとの事だ。

次回の中村さん担当の海鳥ツアーは8月26日出発の小笠原。こちらもチャーター船を利用して、カツオドリの繁殖地を訪ねる。すでに催行決定済み、ご予約はお早めに!
一般 | No.1983 yamamoto 2019/07/01


Next > 石垣島から
Back < 俳優・高島忠夫さんの訃報に接して

Y Bird All rights reserved.