社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
今週末は北九州で講演のお仕事!
渡良瀬遊水地へのツアーは水害により中止です。
燃える首里城に言葉を失う
ガイドのミスマッチング
警告以上の水害となった台風19号
季節外れの台風接近中のため粟島ツアー中止。
ジム通いを続けてちょうど5年
トーマスクック社が倒産
4期連続の黒字決算
夏休み小笠原ツアーの報告が届きました。
吉本の騒動に外野からひとこと (0)
カメラマンの増加はダイビングの現場も同じ (0)
沖縄本島から (0)
石垣島から (0)
大成功だった小笠原ツアー (0)
2019 年 08 月 (4)
2019 年 07 月 (5)
2019 年 06 月 (5)
2019 年 05 月 (5)
2019 年 04 月 (5)
2019 年 03 月 (4)
2019 年 02 月 (4)
2019 年 01 月 (5)
2018 年 12 月 (4)
2018 年 11 月 (3)
<<  2019年11月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
管理用
吉本の騒動に外野からひとこと
笑いの殿堂「吉本興業」に笑えない激震が走り、毎日ワイドショーを賑わせている。

それにしても昨日の岡本社長の記者会見は、煮ても焼いても食えないものだった。答えに詰まると弁護士や副社長に助けを求める。むしろ「私は恫喝で社長になりました」と開き直った方がまだよかった。或いは藤原副社長には「絶対に笑ってはいけない」収録のノリで「岡本アウト〜!」と叫び、社長にタイキックを浴びせて欲しかった。

よしもとの芸人は1982年以前と以降で大きく様替わりした。それまでは他のお笑いの世界と同じで、師匠に弟子入りしたり、付き人をしながら修行をした。例えば、明石家さんまは笑福亭松之助の弟子である(同じ笑福亭一門の鶴瓶は松竹芸能に所属)。が、1982年、吉本興業は若手育成のための専門学校(NSC)を設立する。その第一期生がダウンタウンの二人だ。今回の騒動でもNSCの先輩後輩という絆が大きいことが伺い知れる。

師匠は弟子の親同然だが、社長はとても6,000人もの所属タレントの親にはなれない。
一般 | No.1987 yamamoto 2019/07/23


Next > 賑やかに歓送迎会
Back < カメラマンの増加はダイビングの現場も同じ

Y Bird All rights reserved.