社長日誌のトップ | ツアー日誌 | HOME 
師走は第九
サンプリンセスで世界一周
東芝の衰退は昭和名残りの終焉
中野さんの新しい本
来秋、新たなツアー化 佐渡島のトキ
入国審査直前の免税店
下伊那郡での講演
富山のきときと
藤子不二雄の故郷
高岡市御車山会館
皆さま、どうかよいお年を (0)
来年7月出発までのツアーを掲載 (0)
大人の電車ごっこ (0)
ラムサールシンポジウムにて講演 (0)
講演その他で地方回りの多かった1年 (0)
師走は第九 (0)
2018 年 01 月 (5)
2017 年 12 月 (6)
2017 年 11 月 (6)
2017 年 10 月 (6)
2017 年 09 月 (6)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (6)
2017 年 06 月 (7)
2017 年 05 月 (8)
2017 年 04 月 (7)
<<  2018年01月  >>
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---
管理用
電話によるツアー勧誘
旅行業もご多分に漏れず生き残り競争が激しいせいか、担当者が馴染みのお客様に電話して参加を呼びかけるという電話セールスが課せられる会社が増えていると聞いた。

確かに以前お客様から「お宅からは電話かかってこないわね」と言われた記憶がある。が、通常の観光地巡りのツアーならいざ知らず、弊社のような自然を相手にしたツアーの場合、如何なものかという気がする。強引にお誘いしたツアーが運悪く、天候やさまざまな理由で満足頂ける結果が出なかった場合、その責任はどうなるのだろうか。

弊社は今後も電話での勧誘はしない。但しツアー中にガイドが『この前行ったあそこは本当に素晴らしかった』といった情報提供を行なう事はあるけれど。
  2018/01/19

今回の表紙絵はクマゲラ
拡大

先週ホームページにアップした新しい「ワイバード通信」が出来上がった。

今回の表紙絵は今や絵本作家として多忙な毎日となった東郷なりささんによる、クマゲラ。弊社ツアーでは5月の利尻島ツアーでご覧頂けるのだが、すでに満席。新たに追加設定を募集中だ。過去には苫小牧の北大演習林の大型駐車場の前など、観察が容易な場所に営巣してくれ、大勢でも観察可能であったが、思えば良き時代だったのかもしれない。

ワイバード通信はこの表紙絵の為に愛読される方もおられるくらい、絵はすっかり定着した。
  2018/01/16

年始のツアーは好スタート!
拡大 拡大

6日に実施した渡良瀬遊水地への日帰りツアーは天候に恵まれ、鳥の出具合も良かった。

散策時にはベニマシコやミコアイサ、カンムリカイツブリ、アトリなどを楽しみ、メインの塒入りは暖かい中、ハイイロチュウヒ2羽、チュウヒ30羽と楽しんで頂けた。年始初めてのツアーが結果を出す事が出来、幸先の良いスタートを切る事が出来たようだ。

さて、年末に作業を進めていた『ワイバード通信2018春夏号』の版下が完成した。印刷が仕上がり皆様にお送りするのは今月中旬以降になるが、ひと足早く、ホームページ上ではご覧頂ける。「ワイバード通信」の看板をクリックするとダウンロード可能だ。

もちろん、ワイバード通信掲載のツアーは全てホームページ上に掲載済み。国内、海外共に8月出発分までの全てだ。但し、状況によっては今後の追加設定等も考えている。
  2018/01/09

年に一度の雲上人のパーティーに参加
今日から仕事始め。そして夕方には毎年恒例となった時事通信社の新年互礼会へ。

安部総理をはじめ各大臣、公明党の山口代表、日銀の黒田総裁、経済同友会の小林会長など政財界のトップたちが一堂に会するパーティに私のような下町の零細企業経営者が顔を出すのは場違いも甚だしいが、毎年ご招待頂けるのは身に余る光栄だ。そして夜はベートーベン第九の歌い初めに参加。思いっ切り声を出すのは気持ちがいい。

ツアーも6日発の渡良瀬日帰りからスタートする。今年もいい年でありますように。

拡大 拡大 拡大 拡大
  2018/01/05

新年あけましておめでとうございます。
新年あけましておめでとうございます。本年もワイバードを何卒よろしくお願い申し上げます。年明けの業務は5日から。あとしばらくお待ちください。
  2018/01/01

皆さま、どうかよいお年を
酉年の今年が去り、来年は戌年となる。私にとっては6回目の戌年。還暦の年だ。

今年もおかげさまで事故もなく全てのコースを無事終える事が出来た。心から感謝したい。来年は私にとっても会社にとっても節目の年。ツアーも講演活動も授業の仕事も全て、ご参加、受講、ご来場頂く方々にさらにご満足頂けるよう、より精進を重ねたい。

とくに本業のツアーについては、より手配のクオリティを高めてゆくと同時に、バードウォッチングは趣味の娯楽だという創業時の理念を思いだし、お客様が和気藹々と楽しい時間を過ごして頂けるツアーの雰囲気を、これまで以上に大切にして行きたい。

弊社は12月28日より1月4日までお休みを頂きます。皆さまどうかよいお年を。

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大
  2017/12/26

来年7月出発までのツアーを掲載
日曜日は東京藝大奏楽堂にて『下町の第九』公演に参加。毎年恒例となった藝大フィルと共演出来る晴れ舞台だ。総評はこれまでで一番の出来だとか。私自身も本番では初めて、蝶ネクタイが自身の声帯の震えで飛び落ちるのではと思うほどの声が出た。

さて、今年もあと2週間。弊社では来年1月発行の「ワイバード通信」に掲載する来年8月出発までのツアーも出揃い、ひと足早くホームページ上にアップした。宮古島ツアーについては今年お願いした岡さんに代わり、石垣島在住の本若さんが担当する事に。残るは人気のコスタリカツアーの追加設定(4月出発)とケアンズ(8月出発)を残すばかりだ。

今年も公私ともに数えきれないほど多くの旅に出た。旅が好きでこの業界に入った身としては、このうえない幸せだ。来年もまた世界中を、日本中を見てまわりたい。

拡大 拡大 拡大 拡大
  2017/12/20

大人の電車ごっこ
拡大 拡大 拡大 拡大

何度かテレビで話題になっていた、「鉄道カラオケ」に業界仲間で遊びに行った。

大人の電車ごっこ遊びの場所となったのはJOUSOUND品川港南口店。カラオケルームに京急電車の車両が再現してあり、運転手、車掌になりきり、実際の走行シーンを見ながらアナウンスが楽しめるという、鉄道ファンには夢のような優れたカラオケシステムだ。

驚くべきはお馴染みの車掌のアナウンスのみならず、普段は知る事のない運転手の喚呼のセリフまでが画面に表示される事だ。集まったのはさすが業界のプロ。競うように自慢のアナウンス技術を披露。京急のみならず丸ノ内線や東武東上線、南海本線バージョンもあった。

今後、パイロットとキャビンアテンダントとか、さまざまなシチュエーションに期待したい。
  2017/12/14

ラムサールシンポジウムにて講演
前回の日誌にて少し触れたが、先週末の9日、松江駅前のテルサホールにて行なわれた「ラムサールシンポジウム」にて基調講演をさせて頂いた。タイトルは『鳥がもたらす経済効果〜バードウォッチングツアーの現場から』。また、その後行なわれたパネルディスカッションでは、日本野鳥の会副会長の佐藤さん(出雲市在住)や米子水鳥公園館長の神谷さんなど、日頃弊社がお世話になっている方々とご一緒させて頂き、短いながら充実した時間を過ごす事が出来た。往路寝台特急、帰路は航空機と忙しい出張だったが、山陰の方々の野鳥に対する熱心な取り組みに接する事が出来た、充実した時間であった。
(左上の写真は往路の夜行寝台出発時に業界仲間がホームから撮影)

拡大 拡大 拡大 拡大
  2017/12/11

講演その他で地方回りの多かった1年
拡大

大阪城公園でのサントリー1万人の第九は経営塾の仲間と一緒に気持ちよく歌えた。次は17日の東京藝大奏楽堂で行なわれる「下町で第九」に向かっての最終練習だ。そして今週土曜日には今年最後となる講演が入っている。思えば今年は前橋、桐生、福島、上田、都内、岡山、松江、水上、熊谷、新潟、いわき、大分、下関、富山、飯田、そして再び松江と数多くの講演のお仕事を頂いた。本当にありがたい。そして来年もすでに高知市での講演が決まっており、いつものJATAの授業も加えてますます忙しくなりそうだ。
  2017/12/07

  Next >

Y Bird All rights reserved.